• TOP
  • スキンケア
  • 加齢による「目のまわりのくぼみ」の原因を解明!

加齢による「目のまわりのくぼみ」の原因を解明!(2018.07.09)

目のまわりのくぼみポーラ

ポーラ・オルビスグループのポーラ化成工業は、加齢によって生じる「目のまわりのくぼみ」の原因を解明し、それを改善するエキスを発見した。

<「目のまわりのくぼみ」に関する新発見>

(1)年をとって目のまわりがくぼんだ人は、目のまわりの「眼輪筋(※)」という筋肉が薄くなっている。

(2)眼輪筋が薄くなる原因は、眼輪筋の主要構成たんぱく質が加齢によって減ってしまうからである。

(3)眼輪筋の主要構成たんぱく質は、新開発の独自複合成分CF(Core Forming)エキスにより増やすことができる。

本成果より、薄くなった眼輪筋に厚みをもたせ、目のまわりのくぼみ改善の実現が期待できる。これらの研究成果は、今秋発売される株式会社ポーラの商品を始め、ポーラ・オルビスグループの商品に活用される予定だ。

また本知見は、2017年第35回日本美容皮膚科学会総会・学術大会および2018年International Investigative Dermatologyにて発表した。

※ 目を取り囲むように輪状に発達している、まぶたを開閉する筋肉。

<加齢にともなう目のまわりのくぼみは、筋肉が薄くなってしまうことが原因>

年をとると、目のまわりがくぼんでしまう。これまでその原因はよくわかっていなかったが、今回、病院の精密検査などに使われる装置MRIをつかって目のまわりの内部構造を観察したところ、くぼんでいる人は眼輪筋が薄くなっていることがわかった(図1)。

したがって、まぶたの内側にある眼輪筋が薄くなるために、皮膚が落ちくぼんでしまうのだと考えられる。

目のまわりのくぼみポーラ

<眼輪筋の材料成分の不足により、眼輪筋が薄くなる>

眼輪筋が薄くなってしまう原因を詳しく調べたところ、筋細胞が生み出すミオシンヘビーチェーン2(MYH2:眼輪筋を構成する主なたんぱく質)の量が加齢によって減ってしまうことを発見した(図2)。

年を取ると目がくぼんでしまうのは、眼輪筋の材料となるたんぱく質が不足して眼輪筋が薄くなるためだと考えられる。

目のまわりのくぼみポーラ

<眼輪筋の材料成分を増やすエキスを開発>

MYH2を増やすエキスとして、マロニエとマドンナリリー根の独自複合成分CFエキスを開発した(補足資料)。このエキスを使用した化粧品は、眼輪筋の厚みを取り戻し目のまわりのくぼみを改善してくれることが期待できる。

【補足資料】CFエキスの作用について
筋肉を構成する筋細胞にマロニエとマドンナリリー根の独自複合成分CFエキスを添加すると、筋細胞がMYH2を作る働きを高める効果があることを確認した。(図3)

目のまわりのくぼみポーラ

【関連情報】
http://www.pola-rm.co.jp/

その他の情報はこちら!

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます