注目の「ビアガーデン・ビアホール」3選(2018.07.11)

夏といえばやっぱりココ!大注目の「ビアガーデン・ホール」3選

ビアガーデン

さて、夏といえば“ビール”のおいしい季節。

ビールといえば、やっぱり“ビアガーデン(ホール)”が、最高に盛り上がる社交場だろう。

この夏も、さまざまな場所や施設で、ビアガーデンが続々とオープンしているのはご存知のとおり。

ただ単に、おいしいお酒と料理を飲んで食べられればいいと思っているあなたは、もう古い。

いまやビアガーデンは、ほかとの差別化をはかり、趣向を凝らしたメニューや演出など、どんどん進化している。

そこで今回は、バラエティに富んだビアガーデンの中から、おすすめの3つを紹介。

ビアガーデン選びの参考にして欲しい。

10種類のクラフトビールが飲める!緑の中でBBQと本格ビールを味わいたい人向け

ビアガーデン

1984年の営業開始から今年で35年目となる明治神宮外苑「森のビアガーデン」。

東京の都心ながら、緑に囲まれた開放的な雰囲気の中、「BBQ 飲み食べ放題」と、クラフトビールなど「アラカルトメニュー」の2通りの楽しみ方ができる、都内最大級の1000席を有する定番のビアガーデンだ。

ビアガーデン

アラカルトメニューのクラフトビールは、昨年の3種類から10種類にも増え、ビール通の女性も大満足。

ビアガーデン

ビアガーデン

さらにアラカルトメニューには、ビールがすすむ単品メニュー「チーズタッカルビ」と、「どさんこ風 味付けラムと焼きうどん」が新登場。

ビアガーデン

「BBQ 飲み食べ放題」では、「キリン一番搾り」「キリン一番搾り 黒生」「バドワイザー」「ハイネケン」の4種類のビールが飲み放題。

また、バーベキューに使用する野菜は、すべて国産を使用し、そのほかにも米国産アンガスビーフ、四元豚シルキーポーク、オーストラリア産ラム、ふもと赤鶏のつくねなど、こだわりの素材がそろっている。

ビアガーデン

特にラム肉は、ヘルシーでおいしいということもあり女性にも大人気。外せない一品。

ビアガーデン

ビアガーデン

10種類のクラフトビールなど、本格ビールを満喫したい人には、たまらないビアガーデンとなるはずだ。

「森のビアガーデン」 概要

■営業期間 2018年5月19日(土)〜9月29日(土) 計134日間
■住所 東京都新宿区霞ヶ丘町 14-13 明治神宮外苑にこにこパーク内
■営業時間 平日 17:00〜22:00(L.O. 21:00)/土日祝日 12:00〜22:00(L.O. 21:00)
■2018年7月17日(火)〜8月31日(金)の期間
平日 14:00〜22:30(L.O. 21:30)/土日祝日 12:00〜22:30(L.O. 21:30)
価格 BBQ飲み食べ放題(2時間制) 男性 4,200円(税込)、女性 3,900円(税込)、中学生〜19才 3,600円(税込)、小学生 1,600円(税込)、4才〜小学生未満 600円(税込)、3才以下無料
■アクセス
・JR 中央総武線「信濃町駅」、または都営大江戸線「国立競技場駅」から徒歩5分
・東京メトロ「青山一丁目駅」から徒歩10分

<予約>
TEL:03-5411-3715(予約専用ダイヤル) 受付時間:11:00〜20:00
http://mbg.rkfs.co.jp/
(WEBでも予約受付可)

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます