最新の「ムダ毛ケアアイテム」で手に入れる夏の男前肌(2018.07.20)

男前プロジェクトCDGラムダッシュボディトリマー評価評判感想使い方

ちなみに上の写真が体験前の様子。

鼻下やアゴ先に、〝ザ・無精ヒゲ〟という雰囲気でヒゲが残っている。

マユも形は整っているように見えるが、マユ頭付近の長さが揃っていないため濃淡ができているほか、マユ尻のラインが左右で微妙に異なっていることもわかる。

男前プロジェクトCDGラムダッシュボディトリマー評価評判感想使い方

それでは、まずラムダッシュによるシェ−ビングからスタート。

シェービング用のフォームをたっぷりと使って剃っていく。

普段は安全カミソリ派の松矢さんだけに、当初こそ慎重な動きだったが、そこは〝カミソリシェーバー〟のペットネームを持つ3枚刃ラムダッシュだけに、すぐにコツを体得。

メンズシェーバー特有のカット音と共に軽快に剃り進んでいく。

松矢 個人的に電気シェーバーは〝剃りにくい〟というイメージはあったのですが、今日から改めます(笑)。

とにかく滑らかで、ヒゲが引っかかることもありませんでした。

ヘッドを軽く肌に当てるだけで、あとはヘッドが自ら動いてヒゲをカットしてくれるような感覚。

これはイイですね。

ノドなど剃りにくいエリアもヘッドを押し付けたり、こすり上げる必要もなく、肌に優しいシェーバーだと実感できました。

男前プロジェクトCDGラムダッシュボディトリマー評価評判感想使い方

続いてはマユのケアに挑戦だ。

まずはコームを装着しない状態でラインからはみ出した部分をカットしていく。

マユ&フェイスシェーバーのヘッドは刃の溝が広く、太い毛にも対応。

またマユのキワまで簡単に整えられる小幅の刃を採用している。

男前プロジェクトCDGラムダッシュボディトリマー評価評判感想使い方

ラインが整い、マユの形が決まったら、今度は長さ揃えだ。

マユ&フェイスシェーバーには、約8mm・約6mm用のマユコームA、約4mm・約2mm用のマユコームBが付属しており、好みの長さに整えられる。今回は4mmにカットしてみた。

松矢 マユはハサミや毛抜きで整えていたのですが、なかなか思うようなスタイルにできずに、いつも苦心していました。

ところが今回、マユ&フェイスシェーバーを使ってみてびっくり。

小型の刃なので細かいアレンジも可能ですし、何よりもハサミと違って2種類のコームで一定の長さにカットできるのがいいですね。

男前プロジェクトCDGラムダッシュボディトリマー評価評判感想使い方

そして新たに搭載された「ウブ毛用刃」を使い、顔の細かなウブ毛もカット。

この「ウブ毛用刃」は刃先が丸く、肌にやさしくウブ毛をシェーブできる幅広の刃という特徴を持つ。

男前プロジェクトCDGラムダッシュボディトリマー評価評判感想使い方

こうしてヒゲとマユをケアした完成形がこちら。

まず無精ヒゲが一掃され清潔感が格段に向上。

マユが整えられたことで、若さを感じさせる目もとに。

そしてウブ毛をカットした結果、肌色も明るくなり、全体的に健康的な表情へと変わったことがわかる。

1 2 3 4 5
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます