• TOP
  • スキンケア
  • 夏のかかとは乾燥している!?専門家が教える「かかと荒れ」対策

夏のかかとは乾燥している!?専門家が教える「かかと荒れ」対策(2018.07.27)

ユースキンかかと評判

夏は足も汗で湿っていることも多いため、かかとなどの乾燥が気にならないかもしれないが、足の裏には皮脂腺がないので実は乾燥している。

そこで、日々のケアと暮らし方で気をつけたいポイントなど、かかと荒れ対策を二人のフットケア専門家にアドバイスしてもらった。

足のトラブル予防につながるサンダル選びのポイント

安定感のある歩行のためには、足の甲全体を覆う(右図★印)、ストラップのあるサンダルがおススメ。

甲全体を覆うことで、かかととつま先のずれが少なく、大きな歩幅で速く歩行ができる。

ほかにも

・ヒール部は 太くて安定/ヒール高は 3cmまで
・アンクルストラップがある
・かかとがヒール部にまっすぐ乗る
・かかとが乗る部分がフラット

などを基準に選ぶとよいだろう。

足の骨とアーチ

~足育研究会理事・皮膚科医 今井亜希子医師~乾燥・圧力に加え、摩擦と血行不良で起こる、かかと荒れのメカニズム

かかとには体重の約70%の圧力がかかとにかかるので、かかとの皮膚は日々重圧に耐えているのだ。

さらに、かかとは歩くときの衝撃を吸収するために皮下脂肪が厚く、毛細血管がこの中を通って皮膚に栄養を届けている。しかし、体の末端であり血流が悪くなりやすい部位でもあるのだ。

クーラーなどの冷えから起こる血行不良、そして靴や歩き方によって起きる摩擦により、夏でもかかとが硬くなる角化が起こることも。

かかと_イラスト

かかと_拡大イラスト

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます