• TOP
  • オーラルケア
  • 歯科医師推奨の磨き方ができる音波振動ハブラシ「ドルツ」の新モデル

歯科医師推奨の磨き方ができる音波振動ハブラシ「ドルツ」の新モデル(2018.07.26)

パナソニックドルツ評判評価使い心地

パナソニックは、歯科医師431名を対象に「歯ブラシに関する実態把握調査」を行ったところ、87.0%の歯科医師が「主に指導することが多いブラッシング法」で、ヨコに微細に動かす「バス法」と「スクラビング法」を回答した。(図1)

パナソニックドルツ評判評価使い心地

今回の調査では、78.4%の歯科医師が「電動歯ブラシの使用をおすすめすることがある」と回答。(図2)

また、最も理想的な「電動歯ブラシの動き」としても、73.3%の歯科医師が手磨きの指導時と同様に「バス/スクラビング方向(=歯軸に対してヨコ)」を理想的であると答えた。(図3)

パナソニックドルツ評判評価使い心地

さらに、電動歯ブラシのふり幅に関しては、96.5%の歯科医師が「細かいふり幅(約1mm)で歯面を擦掃する電動歯ブラシ」が最も理想的な動きである、と回答した。(図4)

パナソニックドルツ評判評価使い心地

※1:バス法、スクラビング法。歯科医師431名の87.0%が推奨。(当社調べ)

図1:現在主に指導することが多いブラッシング法として、あてはまるものをひとつ教えてください(SA)
図2:患者さんに電動歯ブラシをおすすめすることがありますか(SA)
図3:ブラッシング法についてお伺いします。電動歯ブラシの中で、最も理想的な動きだと思う電動歯ブラシをひとつ教えてください(SA)
図4:ブラッシングストロークについてお伺いします。電動歯ブラシの中で、最も理想的な動きだと思う電動歯ブラシはどちらですか(SA)

【調査概要】
調査期間:2018/3/12-2018/3/19
調査対象:歯科医師 431名(ブラッシング指導をしたことがある医師)

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます