• TOP
  • スキンケア
  • 朝に食べるとシミができる?!知っておくべきNGフルーツ&野菜

朝に食べるとシミができる?!知っておくべきNGフルーツ&野菜(2018.08.02)

朝に食べるとシミができる?!知っておくべきNGフルーツ&野菜

若々しさの維持と健康のために、朝からフルーツや野菜をしっかり摂っている男性の皆さん。

もしかしたら毎日良かれと思って食べているものが、将来アナタの肌にシミを作るかもしれませんよ。

今回は、朝に食べると肌にNGな食べ物をご紹介しましょう。

◆シミを作る「光毒性」とは?

シミソラレン光毒性

Photo/sered

私たちが日常的に食べているフルーツや野菜には、ビタミンなど多くの栄養素が含まれていますが、中には「光毒性」があるものもあります。

「光毒性」とは、私たちが太陽光に当たることで肌にシミができやすくなるだけでなく、深刻な場合は過剰反応をおこし肌に大きなダメージを与える性質のこと。

この光毒性のある成分の代表が「ソラレン」です。

◆「ソラレン」を含む食物を知っておこう

シミソラレン光毒性

Photo/food.foto

ソラレンを多く含む食物は、以下の通り。

<ソラレンの多いフルーツ>

オレンジ・レモン・ベルガモットなどの柑橘類、キウイ、いちじく、アセロラ など

<ソラレンの多い野菜>

きゅうり、パセリ、セロリ、パクチー、ニンジン、ジャガイモ、ブロッコリー など

フルーツや野菜は消化吸収が早く、ましてやジュースになっているものはあっという間に体内に取り込まれます。

少し口にしたところで即座にシミになるわけではありませんが、朝や昼間の太陽光を浴びる時間帯に、大量に食べたり日常的に食すのは控えましょう。

また参考として、ソラレンが少ないフルーツや野菜は以下の通り。

<ソラレンが少ないフルーツ>

りんご、スイカ、バナナ、いちご、もも、ぶどう、梨 など

<ソラレンが少ない野菜>

トマト、レタス、キャベツ、大根、かぼちゃ、かぶ、ごぼう など

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます