ダイエットから疲労回復まで!目的別フレーバーウォーターの作り方(2018.08.11)

フレーバーウォーターエイジングケア疲労回復ダイエット

オシャレカフェやレストランなどで目にすることのある、水にハーブやフルーツを入れた「フレーバーウォーター」。

簡単に作れて見た目もきれいなフレーバーウォーターは、美容やダイエットに良いということで、SNSなどでも人気が上昇している。

ダイエット情報発信サイトmicrodiet.netでは、このフレーバーウォーターについての調査レポート『セレブに人気で話題のフレーバーウォーターの効果と作り方』を公開したので詳細を見ていきたい。

■フレーバーウォーターとは

フレーバーウォーターとは、水に野菜やフルーツ、ハーブやスパイスなどを入れてその香りや栄養素などを水に移して飲む、別名デトックスウォーターとも呼ばれているもの。

ほんのり香りや味が付くので水だけを飲むよりも飲みやすくなり、ダイエット中に必要な「水をたくさん飲む」ということを無理なく美味しく叶えてくれる。

砂糖は入れないのでヘルシーでもあり、水に入れる食材の酵素や水溶性食物繊維、水に溶け出したビタミンなどの栄養素も摂取することができるのだ。

入れる食材は、生で食べられるものであれば基本的に好きなものを使って作ればOK!

例えば暑い日やお風呂上がりに爽やかなものを飲むのなら、ミントやきゅうり、レモンなど、甘みのある風味にしたいのであればフルーツを多めにするなど、好みの風味や期待する効果によって食材を選ぼう。

味の相性もあるので、何でもかんでも入れてしまうのはおすすめできないが、効果別に食材を紹介しよう。

フレーバーウォーターエイジングケア疲労回復ダイエット

【美肌・エイジングケア】

ビタミンCやポリフェノールなど抗酸化作用のある成分を含んでいる食材は、美肌やエイジングケアに期待ができる。シナモンには血管を強くし血行促進の作用も。

ベリー系(いちご、ブルーベリーなど)
柑橘系(レモン、ライム、すだち、グレープフルーツ、みかんなど)
パイナップル、桃、すいか、キウイフルーツ、
シナモン、ローズマリー、バジル

4d0001e98a78f6a1d21d89ab340f7eb4_s

【むくみ】

体内の余計な塩分を排出する作用のあるカリウムは、むくみの解消に有効。多くの野菜やフルーツに豊富に含まれている。

ベリー系(いちご、ブルーベリーなど)
柑橘系(レモン、ライム、すだち、グレープフルーツ、みかんなど)
パイナップル、桃、すいか、キウイフルーツ、りんご、梨、きゅうり

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます