その疲れ、もしかして「デジバテ」かも…(2018.08.26)

IMARIC20160805310323_TP_V4

『ウーマンウェルネス研究会supported by Kao』では、慶應義塾大学医学部教授 坪田一男先生の監修の元、スマートフォンやPC、タブレット端末などのデジタル機器の使用と心身の疲れに関する意識調査を、首都圏在住の643人(20代~40代の有職男女)を対象に実施した。

6割が実感する「デジバテ」

デジタル機器の普及により、現代社会は飛躍的な利便性を享受できるようになった反面、本調査では、多くの人が目の疲れだけではなく睡眠不満、翌朝の活力低下など様々な心身の不調を感じていることが明らかになった。

まず全体では6割がデジバテを感じており、とくに20代は7割と、若い世代ほど実感している。<グラフ(1)>
*「デジバテ」とは、同研究会が命名した、デジタル機器を長時間使用し“つながりっぱなし”の状況が続くことで起こる心身の不調の総称。

201807231344195b555d2348fb0

201807231344535b555d45a071b

現代人の7割がスマホ依存を自覚。4割が寝る直前にもスマホを使用

デジタル機器の使用時間が1日7時間を越える人が約4割(42%)、10時間以上と答えた人も16%に上った。

<グラフ(2)>自分がスマートフォンに依存していると自覚している人は、約7割(72%)おり、とくに20代では85%がスマホ依存を自覚している結果に。<グラフ(3)>また、約4割(42%)は、寝る直前までスマートフォンを使用している。<グラフ(4)>

201807231344285b555d2c9db73

目の疲れ以外にも影響多数。デジタル機器が与える心身への影響

デジタル機器の利用によって疲れを感じる部位としては、「目(84%)」が最も多く選ばれた。<グラフ(5)> スマートフォンの使用時間が長くなったことで減った時間の1位は「睡眠時間(36%)」となり、日常生活にも影響が出ていることがわかる。<グラフ(6)>

デジタル機器の使用によって心のストレスを感じるシーンとしては「つながりたくない相手とSNSでつながってしまう(52%)」、「目的も無くネットサーフィンを続けてしまう(51%)」などが挙げられた。<表(1)>

201807231344375b555d359729c

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます