• TOP
  • ヘルスケア
  • 食事の最初にアボカドを食べる「アボカド・ファースト」って知ってる?

食事の最初にアボカドを食べる「アボカド・ファースト」って知ってる?(2018.08.26)

■ニュージーランド産アボカドとは

アボカドは南アメリカ原産だが、1900年代初めにその種がニュージーランドに持ち込まれ、アボカド産業が発展し始めた。アボカドは、今ではニュージーランドでキウイ、りんごに次いで三番目に輸出量の多い青果となり、日本はニュージーランド産アボカドにとってアジア最大の輸出国だ。主な特長としては、1)旬の美味しさと高い栄養価、2)フレッシュな鮮度、3)高い安全性が挙げられる。

1)旬の美味しさと高い栄養価
アボカドは二年生植物で、2年に一度、春から夏にかけて実をつける。ニュージーランドは南半球に位置するため、季節が日本と反対となり、アボカドの収穫時期は日本の9月から翌年1月頃となるのだ。ニュージーランド産アボカドは、2年間かけて樹上でじっくり育ててられており、メキシコ産に比べ、油分が豊富(油分量24%以上 ※平均的数値のため個々では異なる)。きめ細やかでシルキーな食感、濃厚でクリーミーな味わいが大きな特長。

またアボカドは、世界でいちばん栄養価の高いフルーツとしてギネスブックにも認定されている。腸の調子を整える食物繊維や、細胞の老化を防ぎ美しい肌を保つビタミンEやコエンザイムQ10、コレステロール値を抑制する脂質やオメガ酸、疲労回復に役立つビタミンB6やナイアシンなど、日々積極的に摂取したい栄養素がつまっているのだ。

2)フレッシュな鮮度
アボカドの生産地であるニュージーランド北部と日本の距離はおよそ8,900km。ニュージーランド産アボカドは、日本に輸入される他国産のものに比べて輸送航路が短いため、フレッシュな状態で日本に入ってくる。皮が緑色で実が固い未熟なうちに収穫し、厳しい温度管理の下で日本に輸送され、全国各地の「室むろ」と呼ばれるセンターで約6~7日間追熟させてから各小売店の店頭へと運ばれる。このシステムにより、優れた品質のアボカドを一番美味しい食べ頃のタイミングで皆さまの食卓へお届けすることができるのだ。

無題

3)安全性が高いAVANZAのプレミアム アボカド:AvoGreen(アボグリーン)認定の安心食材
ニュージーランドでは、すべての輸出果物生産者、パッキング施設に果物の取り扱いや残留農薬レベルについての安全基準の遵守を義務付けており、農作物の高い安全性を保障している。

さらにニュージーランドアボカド生産者協会による農薬使用に関する厳しい基準をクリアしたアボカドはAvoGreen(アボグリーン)認定アボカドとして輸出される。AVANZAはAvoGreen認定の美味しくて高品質なアボカドだけをAVANZAプレミアム アボカドとして日本に届けられているのだ。

【関連情報】
http://www.nzavocado.jp/

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます