• TOP
  • ファッション
  • メリノウールをハイブリッド染色したスポーツ衣料「NATURE DYED」に秋の新色が登場

メリノウールをハイブリッド染色したスポーツ衣料「NATURE DYED」に秋の新色が登場(2018.09.06)

 

ゴールドウインメリノウールハイブリッド染色

ゴールドウインは、メリノウールを天然色素と化学染料でハイブリッド染色したスポーツ衣料「NATURE DYEDネイチャー・ダイド」シリーズの秋の新製品の販売を、同社が展開する「Icebreaker(アイスブレーカー)」ブランドで開始した。

ゴールドウインと小松精練は共同で、メリノウールを天然色素と化学染料でハイブリッド染色したスポーツ衣料を今年の春に発売。

天然染色の製品は美しい反面色落ちしやすく、従来はスポーツ衣料に用いるには難しいものであったが、両社が共同開発した特殊な技術によって、色落ちしにくく、美しい色合いが楽しめる、メリノウールのスポーツ衣料を開発する事に成功した。

今シーズン展開する天然色素は、秋の季節感を身近に感じることができる柿(カキ/兵庫県の柿の葉)、薄(ススキ/東京都三宅島)、松(マツ/神奈川県箱根の葉や松ぼっくり)の3色展開。

すべて日本の当該産地から得た天然色素と化学染料でハイブリッド染色したもの。なおこの染色技術は、廃棄される予定の原料を染料として利用することにより環境へ配慮、自然界と共生する事を目指す染色技術だ。

また製品は、メリノウールが持つ利点(暖かい、通気性、臭いにくい、生分解性、イージーケア、軽量)を活かし、「ソフトな肌触り」「優れた通気性/湿度管理」「温度調節」「臭いがつきにくい」と、4つの要素で快適性を追求しているため、日常生活での着用の他、四季を通じてのスポーツシーンに適したウエアとなっている。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます