秋に抜け毛が多いのはホント。専門医が教える3つの対策とは?(2018.09.06)

抜け毛頭皮環境頭皮マッサージ

いまだに日中は30度超えの日があるとはいえ、朝夕は秋の気配を感じさせるようになった。同時にメンズビューティー的に気になるのが髪。1年の中でもっとも髪が抜けやすいのが、夏の終わりから秋にかけて、といわれており、対策の必要性を感じている人も多いのではないか。

そこで、アンファーが主宰するエイジングケア総合情報サイト「アンファーからだエイジング」では、専門医の監修により、薄毛・抜け毛対策に関する情報を提供している。

今回の監修は脇坂クリニック大阪院長、脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪院長を務める医学博士・脇坂長興氏が担当した。

なぜ秋に髪が抜けやすいのか?

今年の夏は日本中で夏日や真夏日が続いたうえ、豪雨や台風の影響で心身ともに疲れ果てた人も多いはず。いつもの年より抜け毛に悩まされるヒトが増えるのではないか。

秋に抜け毛が多いのは、動物が夏毛から冬毛に生え変わるように人間にもその習性が残っているためとも言われている。

それに加え、夏に受けたカラダと頭皮のダメージが抜け毛につながってしまうのだ。

夏の間は頭皮も強い紫外線を浴びることが多く、汗で蒸れやすく、そのうえ冷房の効き過ぎで血の巡りが悪くなるなど、頭皮にとって過酷な環境が続く。

また夏から秋への季節の変わり目は、体力の低下や疲労の蓄積、精神的なストレスなどが重なり、からだ全体のダメージから脱毛が起きやすい状態になっている。

放置しておくとヘアサイクルの乱れから薄毛が進行?

1日に80~100本程度の抜け毛は正常範囲内。もし、「いつもより抜け毛が多いかも」と思っても、直ちに焦る必要はなし。

秋には平均の2~3倍も抜けることがあるからだ。

このように抜け毛に対して神経質になり過ぎる必要はないが、伸びきる前の短めの抜け毛が多ければ注意した方がよいでだろう。

十分な睡眠とストレス解消、蛋白質をたっぷり摂れるよう食事に気を使い体調を整えてたい。

また、夏に受けた髪や頭皮のダメージはしっかりケアしてあげるべき。

シャンプーを髪や頭皮に優しいものに変えたり、頭皮をマッサージしたり、発毛薬や育毛薬を使ったり、1日の生活にちょっとした工夫をプラスすることが薄毛予防と薄毛改善につながる。

Dr.脇坂からのアドバイス

頭皮環境と抜け毛に関する実験によると、頭皮の毛穴に皮脂が詰まった状態で皮脂を酸化させると、活性酸素が増えて毛根の萎縮が起こり、抜け毛に繋がることが分かっています。

皮脂の取り過ぎは頭皮の乾燥につながるのでお勧めできませんが、ていねいなスカルプケアで頭皮環境をクリーンに保っておくことが大切です。

また、血の巡りは健やかな髪の成長には欠かせないもの。抜け毛予防を考えるなら動脈硬化につながる食事は控えめにしておきましょう。

頭皮マッサージ、頭皮の血流促進、リラックス効果、育毛剤や発毛剤の浸透促進などメリットが多いため、抜け毛予防に有効です。ただしマッサージの圧が強過ぎれば、かえって抜け毛を増やしてしまうため、頭皮を優しく動かすように意識しましょう。

抜け毛頭皮環境頭皮マッサージ

関連情報

http://www.angfa.jp/

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます