• TOP
  • パナソニック
  • シェービングから保湿まで〜最新美容家電で信頼感をより確かなものにした男

シェービングから保湿まで〜最新美容家電で信頼感をより確かなものにした男(2018.09.20)

パナソニック
スチーマー ナノケア『EH-SA99

オープン価格
本体寸法/高さ209×171×奥行き216mm、約2.0kg
スチーム・ミストの種類/ナノサイズのスチーム、急冷マイクロミスト、潤冷風
スチーム温度/約40℃(ノズルガード先端から約20cmの距離)
スチーム発生量/約12mL/分(吹出口2個)
ミスト発生量/約4mL/分(吹出口2個)
10月下旬発売予定

091

温スチームと冷ミストの温度差により、肌のハリ感や潤い感を高めてくれる顔用のスチーマーだ。温スチームと冷ミストの吹き出し口は、それぞれ2つある。写真のように別売のアロマタブレットを設置することも可能。

アロマタブレットは真正ラベンダー、ベルガモット、ゼラニウム、ティートゥリー、イランイランの5種類をラインアップ。各2500円。

180828_092

本体操作パネル部。上「ハリ/弾力コース」など、5種類の自動温冷コースと2種類の温度スチーム単独コースを搭載している。

180828_096

給水タンクは本体背面にセット。コース別に必要な水量を示すラインが設置されている。

これらのアイテムにより、八木さんはどのような〝変身〟を遂げるのか。さっそく5枚刃ラムダッシュから体験していただこう。

180828_049

上の写真が体験前の八木さん。部位によってヒゲ長さはもちろん、濃淡や幅も異なり、〝無精〟な雰囲気が漂う。

180828_056

180828_058

剃り残しが出やすいアゴ先やノドも5Dアクティブサスペンション搭載のヘッドがしっかり密着。スムーズに剃り上げていく。

八木 ヘッドこそ5枚刃なので、自分が使っているモデルよりも大きいのですが、肌に当てやすく、滑らかに動かすことができました。しかも数回動かしただけで、ほとんど剃り残しがでないことにびっくり。もちろん、ヒゲが刃に引っかかることもありません。グリップも手に馴染んで持ちやすいですね。

180828_062

続いては目もとエステで、長時間のパソコン作業で乾いた目もとを集中保湿してもらった。コースは約6分で完了する、オフィスでの休憩時間に最適な「クイックコース」を選択した。

八木 目もとのケアは気になっていましたが、実際に行ったことがなかったので、とても新鮮。スチームで目の周囲が温められ、リフレッシュできると思います。本体が振動する「リズム」も、ゆったりとした中にも不思議な心地よさがありました。

仕上げはスチーマー ナノケアで肌のハリ感を高めていく。コースは5種類ある自動温冷コースから、温スチーム3回の間に冷ミストが2回挟まるトータル約1330秒の「クリア肌コース」を選択した。

八木 温スチームと冷ミストの切り替えは、驚かされましたが、かなり心地よいものでした。多彩なコースが搭載されているので、季節や肌の調子に応じて使えそうですね。

180828_069

これが体験を終えた八木さん。無精っぽいヒゲが一掃され、顔の輪郭がシャープになったのと同時に、肌色も明るくなったようだ。またスチーマーの影響か、肌のツヤ感も増したように見える。

078

八木 まず5枚刃ラムダッシュの鮮やかな深剃りに驚かされました。ノドからアゴ下のラインにもヘッドがしっかり追随。しかも肌の上を滑らかに動くなんて初めての体験でした。この剃り味なら、一気にビジネスモードにシフトチェンジできます。

目もとエステは目の奥に溜まった疲れが癒される感覚が、スチーマー ナノケアは温スチームにあたっているだけでも、穏やかな気持ちになれました。これから乾燥の季節を迎えるだけに保湿対策に加えて、週末のリラックスアイテムとしても、ぜひまた体験してみたいですね。

撮影/末安善之

 

1 2 3 4
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます