「洗髪の最初の5分は水だけで流す」が頭皮ケアのコツ!(2018.09.17)

六本木ミッドタウンクリニック「ノアージュ」特別顧問・今泉明子先生に薄毛についての悩みに応えてもらった。

Q.女性ホルモンをとると薄毛は改善されますか?

医学的には、厳密な論文は発表されていません。

でも、男性ホルモンの分泌が多い方、体毛の濃い方などですね。

そういった方が、ローズウォーターや豆乳を飲むと相対的にバランスがとれて、抜け毛が減る可能性はあります。

ただ、根本的な解決にはなっていないので医者としてはあまり効くとは思えませんね。

可能性があるとすれば、医療用に女性ホルモンを皮膚から取り入れるパッチがあるのですが、それは貼れば髪の毛にツヤが出るなどの効果が出るかもしれません。

本来は女性の更年期障害の治療に処方されるものなので、薄毛の治療に使われているわけではありません。

今泉明子ノアージュ女性ホルモン01

Q.薄毛予防に一番効果的なことはなんでしょう?

とにかく、ストレスを溜めないようにしましょう。

男性型脱毛症の治療にくる患者さんを見ていると、ストレスがすごい関係あると思います。

体感的には自分がストレスを感じているかどうかは分かりにくいですが、実は数値で測ることができます。

血液検査で、『コルチゾール』というホルモンの数値を測ってみてください。

コルチゾールは別名ストレスホルモンと言われていて、ストレスを感じていると分泌されます。

身体がストレスを感じると免疫力も下がってしまいます。

ストレスを抱え込まないようにすれば、自然と元気になりますので、最近なんだか体調がすぐれないという方は一度、検査を受けてみてください。

ストレスを下げるには、運動が一番いいですね。適度な運度は免疫力も上がりますし、体調もキープできます。

あとは、気分転換になるもの。

何でも良いのですが、趣味や没頭できるものを見つけて上手にストレスコントロールしてください。

今泉明子ノアージュ女性ホルモン01

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます