• TOP
  • ファッション
  • セイコー プレザージュが世界的バーテンダーとコラボ、ギフトにも最適

セイコー プレザージュが世界的バーテンダーとコラボ、ギフトにも最適(2018.10.31)

main

左:SRRY033、右:SARY105

セイコーウオッチは、本格機械式時計ブランド<セイコー プレザージュ>より、バーテンダーとして初めて現代の名工に選ばれた銀座 STAR BARオーナーの岸 久(きし ひさし)氏が考案した、美しい日本の情景を映すカクテルからインスパイアされた数量限定モデル3機種を開発。2018年11月9日(金)に全国および、海外市場において発売を開始する。希望小売価格は50,000~67,000円。

<セイコー プレザージュ>は、100有余年に渡る機械式時計作りの伝統とノウハウを受け継ぐ、メイド・イン・ジャパンの機械式時計ブランド。その伝統とテクノロジーが融合した幅広い商品ラインアップで、2016 年からグローバル展開を行なっている。

商品特徴

本格機械式時計と世界最高峰のバーテンダーの邂逅
昨年発売し、好評を博したSTAR BAR限定モデルは、世界最高峰のバーテンダーである岸氏との出会いによって生まれた。

元来、腕時計とBAR文化は静かに時の流れを楽しむ男の趣味という共通の世界観を持ち、高い親和性がある。また、バーテンダーとして初めて現代の名工を受賞した岸氏の匠の技によって生み出される繊細で美しいカクテルは、日本の真摯なものづくりそのものであり、機械式時計作りとも多くの共通点を見いだすこともできる。

バーテンダーの頂点を極めたように思われる岸氏だが、その地位と名誉に甘んじることなく、今なおカクテル作りの技術を探求し続け、世界中のBARシーンに影響を与えている姿勢に、機械式時計作りの伝統を重んじつつ、新たな価値の探求を掲げる同社のブランド・アイデンティティが共鳴。STAR BAR限定モデルとして、両者を育んだ日本がもつ、美しい情景をダイヤルに宿した新作を発売することになった。

凛と澄んだ「白」が、日本の「冬」を思わせるダイヤルデザイン
岸氏によって新たに考案されたオリジナルカクテル「Fuyugeshiki」からインスパイアされた特別なダイヤルデザインが本作の特徴だ。繊細な型打ち模様に艶やかなラップ塗装を施された純白のダイヤルが光を受けてきらめく様は冬化粧をした日本の情景を思わせる。

ギフトとしての需要にも応えるペアウオッチ仕様
共通のデザインコンセプトの下に、異なるサイズとムーブメントからなる3機種をラインアップ。カップル間でペアウオッチとしても使える。

本格機械式時計ならではのディティールと希少性を高める限定仕様
・ 秒針と分針には、針の先端を手で曲げて形作る、職人技の「曲げ針」を採用し、視認性を高めている。

・ てんぷの動きと金色の回転錘を眺めることができるシースルーバック仕様の裏ぶたを採用。

・ 裏ぶたには、数量限定モデルの証であるLimited Editionの文字と、0001/7000~7000/7000(SARY103,105)、0001/5000~5000/5000(SRRY033)までのシリアルナンバーが記されている。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます