基礎代謝を改善!体の引き締めには「鉄」が不可欠だった(2018.11.02)

鉄分不足ダイエット

実は、鉄不足は貧血によるふらつきを招くだけでなく、ダイエットの妨げにもなってしまう、というレポートを「microdiet.net」が公開したので紹介しよう。

厚生労働省では鉄の推奨量を成人男性(30-49歳)7.5g/日、成人女性(30-49歳・月経あり)を11.0g/日としている。

しかし、2016年の日本人の鉄の平均摂取量は7.4mgなので、多くの人がこの量を摂取できていないことになる。

鉄不足は次のような症状となって現れることがある。

思い当たるものはないだろうか?

一つでも当てはまる場合は、鉄不足の可能性がある。

〇朝なかなか起きられない
〇よくめまいや立ちくらみがする
〇集中力が持続しない
〇冷え性である
〇疲れやすい、なんとなくだるい
〇肩こりがある
〇あくびがよく出る、いつも眠い
〇頭痛や頭が重い感じがする

鉄分不足ダイエット

鉄の60~70%は血液の赤血球に含まれる「ヘモグロビン」の成分として、20~30%は肝臓やひ臓、骨髄などに貯蔵鉄として蓄えられているほか、筋肉の中や酵素の形でも存在している。

鉄が不足すると、血液中の赤血球の量と質が低下し貧血の状態になってしまう。

ヘモグロビンは体の中の酸素を全身に運ぶ働きをしているので、鉄が不足すると全身に酸素を運ぶ力も低下する。

これにより引き起こされる症状は、上記のチェック項目にあるようなふらつきや倦怠感、頭痛など貧血の代表的な症状の他、美容面へまでも影響を及ぼしてしまうのだ。

鉄不足により酸素が全身に十分に行き渡らないことで筋肉や内臓の働きが低下し、基礎代謝が落ちてしまう。

基礎代謝が落ちるということは、それまでと同じ食事量でも太ってしまい、運動をしてもやせにくい体になってしまうということ。

さらに、体内で熱を産生する力も低下するので、平熱が下がったり冷え性を招いたりなどの症状が現れる。

体の冷えはむくみの原因となるので、ダイエットの大敵でもあるのだ。

貧血の人は顔が青白くなることはよく知られているが、顔色だけでなく肌のコンディションにも大きく関わっており、肌の乾燥、シワ、シミの悪化、ハリがなくなる、クマが現れやすくなる等の現象も起きてしまう。

これらは鉄不足で酸素が隅々まで十分に行き渡らないことにより、肌のターンオーバーが遅くなることで起こる。

また鉄は全身に酸素を運ぶ働きのほかに、肌の潤いやハリに必要なコラーゲンの生成を行うことにも使われる。

血色はもとより、肌の正常なターンオーバーとコラーゲンのどちらも、美肌には絶対に欠かせないものだ。

唇の皮がむけたり乾燥したりしやすいのも鉄不足の症状なので、リップクリームを塗る前に、鉄を補給しよう。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます