• TOP
  • モテ講座
  • 熟年夫婦と若年夫婦、家事分担が進んでいるのは?

熟年夫婦と若年夫婦、家事分担が進んでいるのは?(2018.11.08)

共働き夫婦家事分担

マクロミルは、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「HoNote通信」として調査結果を発表している。vol.155は11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで「共働き夫婦の家事分担」がテーマだ。

女性の社会進出が進み、共働き夫婦の家庭の家事事情はひと昔前とは、かなりの変化が予測される。そこで夫婦ともにフルタイムで働いている20~40代の既婚男女1,000名に、夫婦の家事分担状況を調査したものだ。

夫婦ともにフルタイムで働く家庭は25%

最初に共働きの実態について、別途実施した2万人調査(※1)の結果から確認した。夫婦同居家庭のうち、「共働き(※2)」は、20代46%、30代52%、40代61%と年代が上がるに連れて増加している。

共働きの内訳は、「夫婦ともにフルタイム勤務」が各年代ともに25%前後、「“夫婦ともにフルタイム勤務”以外」は20代が20%、30代27%、40代38%と年代が上がるに連れ増加していた。

また、共働きではない家庭は年代が上がるに連れ減っていることから、夫婦のどちらかが“フルタイム以外”の形態で就業する家庭が増加している傾向が読み取れる。

※1:対象者(フルタイム共働き夫婦)抽出のために事前に行なった2万人の調査結果(性別×年代別の人口動態割付)
※2:「共働き(夫婦ともにフルタイム)」+「共働き(夫婦のどちらかががフルタイムではない、夫婦ともフルタイムではない)」の合計

共働き夫婦家事分担

フルタイム共働き家庭の家事分担、〝妻がメイン〟64%

ここから、フルタイムで共働きをしている夫婦1,000名にうかがった、家事の分担状況についての結果を紹介しよう。

家事について、「妻がほとんど担う」は27%、「妻が主だが、夫も少し分担」が38%で、あわせて64%(※3)の家庭では妻がメインで家事を担っていることが示された。なお、「妻と夫で分担」しているという家庭は31%。

※3:百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っている

共働き夫婦家事分担

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます