コンパクトなグルーミングモデルとの出会いが出張時の緊張を自信に変えた!(2018.11.20)

【男前プロジェクト2018】旅先でもいつものグルーミング!手軽なコンパクトモデルとの出会いを通じて出張時の緊張を自信に変えた男

ビジネスの最前線で活躍するオトコたちが、最新の身だしなみ家電を体験することで、改めて自分の内面と向かい合う姿を追う「男前プロジェクト」。早いもので今回で復活7回目を迎えることになった。

さてビジネスマンが、その実力を発揮する場は、何も自社オフィスだけとは限らない。地方のクライアントとの商談や打ち合わせ、各種の現地調査、現場確認など、出張もその業務においては大きな比重を占めている。

実際、日本政策投資銀行と日本経済研究所が昨年12月に発表した調査リポート「出張マーケットに関する動向と今後」によれば、20161月から12月までの間において、国内出張・業務目的の 宿泊旅行における延べ宿泊旅行者数は 55766000人で、国内旅行全体の8.7%を占めている。また、国内出張・業務目的の延べ日帰り旅行は55491000人で、宿泊旅行と日帰り旅行を合わせたマーケットにおいて、出張旅行は約17%のシェアを占めるという。

というわけで、今回は働くオトコの出張時のグルーミングアイテムをフィーチャーしていきたい。

登場していただくのは、掲載物件数No.1を誇る不動産情報・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」を運営するLIFULLで、経営戦略の立案に携わる髙山祐介さん、33歳。

取材には高山さんをよく知る同僚の女性社員の方にも参加していただき、男性の身だしなみについてのお話をうかがった。

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

写真左から渋谷佳奈子さん、髙山祐介さん、 腰原佐知子さん

まず高山さんに日頃の業務内容についてお聞きした。

高山 経営企画グループに所属しています。具体的な業務の内容は全社戦略の策定、各社に対する事業戦略立案支援、事業レビュー、経営数値管理、その他全社的課題の解決などです。

身だしなみで気をつけていることはありますか?

高山 銀行などを回ったり、投資先の企業と面談する機会も多いので、清潔感のある身だしなみを心がけています。弊社ではカジュアルな服装が主流ですが、個人的には他企業の方と会うときはスーツでなくては、という思いがあります。

ということはスーツのシワ、汚れのチェックは欠かさない?

高山 着る前のチェックは必ず行なっています。

続いてグルーミングについて聞いてみると、意外な答えが返ってきた

高山 電気シェーバーと安全カミソリの両方を使っています。電気カミソリで1度剃り、ヒゲが薄くなってから安全カミソリで仕上げるというやり方です。こうしないと、アゴの下などに剃り残しがどうしても出てしまうからです。電気シェーバーの使い方が下手なのかもしれませんね(笑)。

二刀流ですね。出張は、どのくらいの頻度でありますか?

高山 時期によっても異なりますが、1か月に数回のペースで確実にありますね。

ヒゲの処理にも気を使いますね。

高山 出張では商談が控えていることが多いので、ご指摘のようにヒゲには、いつも以上に注意を払います。ですから長期にわたる場合や海外出張ではシェーバーを持参することもあります。ホテルの備え付けの安全カミソリは使い慣れていませんので、うっかり肌を切りそうになるときもあるからです。

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

株式会社LIFULL グループ経営推進本部 経営戦略ユニット 経営企画グループ 髙山祐介さん。LIFULL1995年創業。1997年より不動産・住宅情報サイト「HOME’S」(現「LIFULL HOME’S)のサービスを開始。2017年に社名を株式会社LIFULLへ変更。現在は業界最大級の老人ホーム検索サイト「LIFULL 介護」、引越し業者検索サイト「LIFULL引越し」なども展開している。https://www.homes.co.jp/

それでは勤務中の高山さんは、どんな様子なのか。女性目線による男性の身だしなみ感と併せ、渋谷さんと腰原さんにうかがった。

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

腰原 それほど男性の顔をチェックしているわけではありませんが(笑)、電車の中でアゴ周りにキズがあると「今朝(シェービング中に)切ってしまったんだな」、と気づくことがありますね。

やってしまったんだな、という感じ。

渋谷 私は個人的に男性のヒゲに魅力を感じますが、ただし、きちんと整えているヒゲに限ります。

だらしなく生えているヒゲは、嫌ですし、食事中、ヒゲに食べ物が付いちゃってる人は「汚いな」と。

ヒゲを生やすなら、きちんと手入れしていただきたいですね。

腰原 とはいえ、男性で腕や脚がツルツルといった過度な〝お手入れ感〟は、逆に引いちゃいますね。

過度といえば、先日シンガポールに初めて行ったのですが、男性も含めて香水をつけている方が多かった。

エレベーターに残り香があったりして。

渋谷 私もニオイは気になります。

以前も電車であの人、昨日大量のニンニク食べたのかな、というニオイが漂ってきて。

思わず息を止めて、ドアが開いた瞬間に深呼吸したこともあります(笑)。

では、周囲に好印象を与える男性の〝身だしなみポイント〟とは?

腰原 いやなニオイはしないか、いいニオイがするか。これが第一条件。

あとは、スーツとかもシワがなくて、靴もすり減りがない。そういう方はきちんとしているな、と思います。

高山 靴底まで見てるの?

腰原 たまに、ものすごくすり減っている人がいます。

そんな人は目立つということ。

渋谷 それから鼻毛が意外と気になりますね。

あ、この人、出ちゃってるなって。でも言えないですしね。

続いてオフィスでの高山さんの印象について聞いてみた。

腰原 身だしなみはきちんとされていて、いつも清潔感があります。

渋谷 社内ではラフなスタイルな人が多い中、ネクタイに加えてジャケット、スーツスタイルが多いので、ちゃんとされているな、という印象です。

高山 ありがとうございます。

それにしても先ほどの靴底のエピソードなど、普段から細かくチェックされているんですね。

渋谷 肌もキレイなほうが清潔感を感じますし、カミソリ負けのような肌荒れも、やり方によっては防げるはず。

だから肌の状態がきちんとしている方は印象がいいですね。

高山 この年齢になって肌質が変わったのか、ホントに乾燥するようになったので、肌に優しいシェービングの必要性を感じています。

あとは鼻毛も気をつけなければいけませんね。

渋谷 シビアな打ち合わせ中に鼻毛を見つけてしまうと

その場では、とても言えませんから。

高山 自分の場合は遠慮なく指摘してください(笑)。

そうならないためにも、この後の体験で、しっかりとケアしていきたいとと思います。

そこで1か月に数回と出張が多い高山さんのために、今回はコンパクトボディーながら5枚刃ヘッドを搭載したパナソニックのメンズシェーバー、ラムダッシュ『ES-CV70』と、鼻毛やマユ、ヒゲの手入れが1台で行なえるエチケットカッター 『ER-GN70』を用意した。

体験していただく前に、各製品の機能を改めておさらいしておこう。

パナソニック
5枚刃ラムダッシュ『ES-CV70

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

オープン価格
本体寸法/高さ126×72×奥行き46mm、約170g
外刃/ステンレス刃物鋼5枚刃
内刃/30°鋭角ナノエッジ内刃
主な機能/リニアモーター駆動(毎分約14000ストローク)、ヒゲセンサー、パワークイックスリット刃、スムースローラー

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

全長126mmの小型ボディーに5枚刃ヘッドを搭載した〝コンパクトラムダッシュ〟だ。その5枚刃は、通常サイズのES-LV9DXと同じフィニッシュ刃・くせヒゲリフト刃・パワークイックスリット刃の35枚構成を採用。これを駆動するモーターも毎分約14000ストロークの世界最速リニアモーターと、フルサイズのES-LV9DXに匹敵する深剃りが期待できる。

とかく非力で剃りにくいイメージも否めなかった小型シェーバーのイメージを刷新した製品といいえるだろう。

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

その他の機能としては、ヒゲの濃さを検知してパワーコントロールする「ヒゲセンサー」を搭載。この機能はヒゲの濃いところではパワフルにリニアモーターを駆動させ、ヒゲの薄いところはパワーセーブするもので、同社では肌に余分な負担をかけずにうシェービングが行なえると説明している。

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

メタル素材主体のボディもES-CV70の特徴のひとつ。メタル素材の大胆な回り込みや蒸着加工など、細かな意匠にも注目したい。ES-CV70はヘッドやリニアモーターなどの機能だけではなく、5枚刃ラムダッシュの世界観も継承しているのだ。

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

さらにチェックしておきたいのが、旅行・出張時の携帯に便利な収納ケースと同梱されるクロスだ。ケースは移動中に衝撃などから本体を保護してくれる一方で、クロスは吸水機能付き。

出張先のホテルでシェービングの後、ES-CV70を洗浄して乾く前にケースに収納したとしても、水滴などで鞄を濡らしてしまうリスクを緩和してくれる。

このように機能はもちろん、デザイン的にも個性を発揮するES-CV70。商談やプレゼン前に手軽に使えるオフィス用シェーバーとしても活躍が期待できる。

パナソニック
エチケットカッター ER-GN70

パナソニック男前エチケットカッターLIFULL

本体寸法/高さ164×34×奥行き45mm(キャップ取付時)、約110g(キャップ取付時)
使用電池/単4形アルカリ乾電池または、単4形充電式ニッケル水素電池 (別売)
使用日数/週1回、約90秒使用で約6か月
用途/鼻毛、マユ、ヒゲ、耳
主な機能/スマート洗浄、毛クズ吸引

パナソニック男前エチケットカッターLIFULL

パナソニック男前エチケットカッターLIFULL

鼻毛に加えてマユやヒゲ、耳とマルチなケアに対応するフェイスグルーミングアイテム。その特徴のひとつが、広範囲の毛を効率的にカットできる「デュアルエッジ刃」の搭載だ。これは天面と側面に配置された2つの刃により、鼻の奥と側面の毛をほどよい長さにカットしていくもので、必要な奥の毛まで切りすぎないように、刃の長さも考慮されているという。

この「デュアルエッジ刃」をトルクが従来比で約1.2倍に強化された新型モーターによってパワフルに駆動。太くて硬い毛も滑らかにカットしていく。

また刃先は直接、肌に触れないようにガードが付いているので、安心して使用できる。

パナソニック男前エチケットカッターLIFULL

そして従来よりも吸引力約10%アップした毛クズ吸引機能も搭載。カットした毛クズが飛び散りにくいので、掃除などの後処理も簡単だ。

パナソニック男前エチケットカッターLIFULL

刃を取り外さずに毛クズを洗い流せる「スマート洗浄」も便利だ。

以上の2モデルにより、高山さんはどのようにバージョンアップされるのか。また、各モデルの機能は〝出張族〟である高山さんを納得させることができるのか。さっそくコンパクトラムダッシュから体験していただこう。

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

体験前の高山さん。濃いめのヒゲが鼻下、アゴ、ノド元と広がり、しかも濃淡があるため無精感たっぷりの印象を与えてしまう。

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

アゴ先などの密集かつ多方面から生えている部位も、カット音を響かせながら軽快にシェービングしていく高山さん。ヘッドの動きも滑らかだ。

高山 現在使っている電気シェーバーより小型ボディーですが、パワーは十分。むしろラムダッシュの方がパワフルかもしれません。というのも、いつもよりも短い時間で仕上げることができたからです。また、普段はアゴ下などはヘッドをこすり上げるようにしないと剃れないのですが、今日は肌の上を滑らせるだけで、しっかり剃れたと思います。

いつも悩まされている剃り残しもないので、これなら仕上げ用の安全カミソリは不要。ということはシェービングの時短にも繋がりますから、いつも以上に慌ただしい出張先の朝には強い味方になりそうですね。

続いて鼻毛だけでなく、マユ、ヒゲ、耳とマルチに使えるエチケットカッターを体験していただいた。

パナソニック男前エチケットカッターLIFULL

まずはマユのケア。ラインからはみ出している毛をカットして、マユ全体の流れを整えていく。

パナソニック男前エチケットカッターLIFULL

そして鼻毛へ。天面と側面に刃を配した「デュアルエッジ刃」構造を採用している。

高山 マユは気がつけば手入れしていますし、鼻毛は洗面所で毎日のようにチェックしています。ただし、両方ともハサミを使っているで、このエチケットカッターはラクだな、というのが率直な感想(笑)。先端をあてるだけですからね。

しかも吸引装置付きだから毛クズも散らからない、これもハサミとの大きな違いですね。

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL

体験を終えた高山さんの様子。なんといっても無精感を全面に漂わせていたヒゲがクリーンになり、顔のラインもスッキリ。肌の色も健康的になったようだ。またマユのラインも整えたことで目もとの印象もアップしている。

パナソニック男前LIFULL

高山 体験前は5枚刃シェーバーと聞いて、深剃りできる分だけ肌も痛いのでは、と想像していましたが、全くそんなことはありませんでした。肌に優しく、しっかり深剃りしてくれるという印象です。

また小型のトラベルモデルは非力というイメージもありましたが、今回のコンパクトラムダッシュは、自分が持っている通常サイズのシェーバーに匹敵する、もしかするとそれ以上の剃り味を体験できました。この性能なら、次の出張に連れて行きたいぐらいです。

エチケットカッターは1台でいろいろな場所に使えるので、手軽で便利。吸引機能も強力で、鼻先に近づけると、本体に吸い込まれる空気の流れを感じられるほど。本体が「く」の字に少し曲がっているため、手になじみ、持ちやすかったですね。

出張は重要な商談や案件を扱うことが多いため、普段以上に緊張を強いられることもあります。そんな時こそ、朝のシェービングやグルーミングはいつも通りに行ないたいもの。コンパクトラムダッシュやエチケットカッターであればそれが可能ですし、なかでもコンパクトラムダッシュは、出張以外でもバッグに入れて携帯したり、会社に常備しておきたくなりました。

これからも、この状態をキープしていきたいと思います。

こちらのタイプもおすすめ

パナソニック
3枚刃ラムダッシュ『ES-ST8Q』

パナソニック男前ラムダッシュLIFULL
シェービング用の泡やジェルを使ったウエットシェービングに対応した3枚刃シェーバーだ。ヘッドと肌の摩擦を低減させ、滑らかな剃り心地を実現する「スムースローラー」や、シェービング用の泡やジェルをほどよく残す「泡スルーヘッド」を搭載。お風呂で使える防水仕様となっており、シャワーを浴びながら一気にシェービングまで行える。
オープン価格。外形寸法/高さ165×幅65×奥行き55mm、約155g。

撮影/末安善之

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます