やっかいなニオイ「ミドル脂臭」の対処法(2018.11.21)

年齢によってニオイが変化する!?

kusaiyoIMGL7816_TP_V

9月も半ばを過ぎ、朝夕は秋の気配が感じられるようになってきた。

外勤の多いビジネスマンにとっては、気になる汗とそれに伴うニオイ対策もひと段落というところか。

しかし油断は禁物。

30代以上の男性は自分では気づきにくい第三のニオイ=「ミドル脂臭」があるというのだ。

もちろん、これは季節には関係がない。

化粧品メーカー「マンダム」では、そんなミドル脂臭の正体と緩和法についてレポートをまとめている。

最初に比較のため「汗のニオイ」から見ていこう。

通常の汗はエクリン腺という汗腺から出てくるのだが、このエクリン腺から出る汗は、最初から臭うわけではない。

時間が経って、皮膚上に長く留まることでその汗に皮脂や垢が混ざり細菌のエサとして分解される。

この時に発生する分解臭が汗の臭いを強くしているのだ。

さらに、汗をかいて皮膚が高温多湿な状態になることで細菌がますます繁殖しやすくなり、汗臭の原因が増えていく。

◇良い汗
●成分の割合はほとんどが水分
●ニオイがしない
●ベタついていない
●舐めてもしょっぱい味がしない

◇悪い汗
●水分以外に塩分、ミネラルなどが溶けだしている
●嫌なニオイがする
●ベタつく
●舐めるとしょっぱい

30代以上の男性は自分では気づきにくい第三のニオイに注意!?

ミドル脂臭ニオイ対策ワキガ方法効果

若い頃は新陳代謝が活発で汗をよくかくため、いわゆる「汗臭(ワキ臭)」が発生し、20代をピークにニオイ強度は徐々に下がっていく。

次に、30代半ばを過ぎたころから、自分自身あるいは周囲も含め、「ニオイが変化した」と感じる人が多くなる。

実際、年齢とともに体臭は変化するが、今までは30代半ば以降の体臭はすべて「加齢臭」だと思われてきた。

ミドル脂臭ニオイ対策ワキガ方法効果

しかし、2013年11月、化粧品メーカー「マンダム」の研究により30代半ばから発生するニオイが、加齢臭とは異なる第三のニオイ「ミドル脂臭」であることが解明された。

「ミドル脂臭」は40代をピークにニオイ強度は徐々に下がっていく。

そして50代半ば以降になると「加齢臭」が発生し、「汗臭(ワキ臭)」「ミドル脂臭」の発生は減少していく。

ここで注意したいのが、30代半ば〜50代半ばのミドル男性のニオイ。

この年代になると「汗臭(ワキ臭)」「ミドル脂臭」「加齢臭」の3臭が混在し、生涯最も体臭要素の多い年代となる。

第3のニオイ「ミドル脂臭」は自覚しにくく、女性に気づかれやすい

ミドル脂臭ニオイ対策ワキガ方法効果

ミドル世代では頭部付近のニオイが強く中でも後頭部付近、すなわち頭〜首の後ろ部分での発生が強くなる。

これは発生部位が自分の鼻先から一番遠いこともあり、自覚しにくいことを意味している。

またミドル脂臭は、男性よりも女性のほうがより不快で、アブラっぽく感じられるという。

つまり、自分では気づきづらく、女性に不快ととらえられやすいニオイ、それがミドル脂臭なのだ。

ミドル脂臭ニオイ対策ワキガ方法効果

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます