楽しみながら腸活のコツが学べる「腸活カードゲーム」(2018.12.05)

腸内の善玉菌を増やすための「腸活」が、再びブームになっている。腸内環境を改善する発酵食品やレジスタントスターチを含む食材も人気だ。

しかし、単にこうした食べ物を毎日摂っていれば、腸活が成功するというわけでもない。生活習慣、ストレス、飲酒など様々な要因がからんで、腸内環境ができている。なので、ヨーグルトや納豆を食べても、生活が荒れていれば、善玉菌は増えてくれないのだ。

そうした腸活にかかわる基本的な知識がさくっと学べるのが、今回紹介する「腸活カードゲーム 腸内革命」。カードゲームを対戦することで、楽しみながら腸活のコツを会得できると話題の商品だ。

I 腸活カードゲーム腸内細菌叢(フローラ)カードゲーム
「腸内革命」で2人が対戦中(チーム戦も可能)

「腸内革命」の中身は、13927の数字がある「フローラカード」と、「キムチ」や「冷え」といった、食べ物や身体の状況が記された「イベントカード」の2種類に大別される。

このゲームは2人でも、複数の人で2つのチームを組んでチーム対戦もできる。最初は各人(各チーム)、「フローラカード1」と「フローラカード3」の合計2枚だけ与えられるが、これは自分の腸内細菌叢(フローラ)を表す。対戦中に「イベントカード」をうまく使って、「フローラカード」の枚数・数値を上げてゆくのが目的となる。最終的に、「フローラカード」に記載の数値の合計が多い側が勝利する。

 腸活カードゲーム腸内細菌叢(フローラ)カードゲーム

カードは「フローラカード」と「イベントカード」の2タイプ

「イベントカード」には、「あま酒」、「すいみん」など腸活にプラスのものもあれば、「添加物」、「運動不足」のように腸活にマイナスのものもある。プラスのカードには、「3菌カードを追加」というふうに効果も記載されており、自分のフローラをアップさせるのに使う。「1菌カードを爆破」などと書かれているマイナスのカードは、相手のフローラに対して使う。

「イベントカード」を自分や相手に使ってフローラの数値を上げ下げし、盛り上がっているうちに自然と、腸活に良いこと・悪いことを覚えてゆくという趣向になっている。

シンプルなルールながら結構ハマるので、カードゲームに疎くても腸活にちょっと興味のある人には特におすすめ。2018122日まで、クラウドファンディングサイトのCAMPFIREにて製作費などを募るキャンペーンを実施したのち、1月からネットショップでの販売を目指して準備しているという(一般販売の詳細については、腸活メディア「腸内革命」にて告知予定)。

本ゲームを考案したのは、長谷川ろみさん。幼い頃から肥満体型で便秘体質であったのが、留学先のシェアハウスの韓国人オーナーのすすめでキムチを常食してから、肥満も便秘も解消。発酵食品の素晴らしさと腸活の重要性に目覚め、今では腸活メディア「腸内革命」の編集長を務めるなど、腸活の啓発活動に邁進する日々を送る。

181622_09

腸内革命」をプロデュースした長谷川ろみさん

これまで腸活といえば、どちらかと言えば女性向けというイメージがあったが、長谷川さんは『Men’s Beauty』読者の若い男性も、腸活に大いに励むべきだという。

長谷川さん「腸活は、便秘を改善したい女性にとても注目されていますが、決してそれだけではありません。腸内環境を整えると、自律神経系・内分泌系・免疫系などの恒常性維持機能が整うと言われていて、太りにくくなったり、老化しにくくなったり、病気になりにくくなったりと、その影響範囲が広いのが特徴です。風邪もひきにくくなったり、花粉症が緩和したり、気持ちもポジティブになるので、仕事のパフォーマンスがアップしたとおっしゃる方もいるほどなんですよ。腸活は、歳をとってもモテモテで、デキる男を目指す方にすごくおすすめなんです」

これまで腸活に関心のなかった人は、カードゲームでそのイロハを学び、腸活を始めてみてはいかがだろう。

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます