• TOP
  • ニオイケア
  • 飲み会の翌朝は口臭レベルが〝2倍以上〟にアップする?!

飲み会の翌朝は口臭レベルが〝2倍以上〟にアップする?!(2018.12.21)

飲み会口臭問題スメハラ

緑茶抽出物を配合した大粒タブレット「フリスク クリーンブレス」を販売するクラシエフーズでは、飲み会でお酒を飲む習慣のある30~40代会社員男女500名を対象に、年末シーズンの「口臭問題」に関する調査を実施。その回答および分析結果を公開した。
※製造元の調査による。感じ方には個人差がある。

飲み会の翌朝は口臭レベルが「1.2倍」、痛飲した翌朝は「2倍以上」にアップ

はじめに、「年末シーズンは、他の時期と比べて飲み会の頻度が増えますか?」と質問したところ、79%が「増える」と回答した。

具体的にどれくらい増えるかを聞くと、普段の飲み会回数が1か月あたり平均「1.8回」であるのに対して、年末シーズンでは月に平均「4.4回」という結果に。忘年会やクリスマスなどイベントの多い年末は、ほぼ毎週に近いペースで飲み会に参加するという会社員が多いようだ。

続いて、「飲み会の翌朝は、普段よりも口臭レベルがアップすると思いますか?」と聞いたところ、78%と約8割が「そう思う」と答えた。

具体的に感覚値としてどれくらい口臭レベルがアップするかを聞くと、普段の飲み会の翌朝は「1.2倍」(21%)、特にお酒を多く飲んだ翌朝は「2倍以上」(26%)という回答がそれぞれ最多に。飲み会の翌日は、いつも以上に口臭が気になりやすいと感じる人が多いよう。

飲み会口臭問題スメハラ

年末シーズンは「自分の口臭」も「他人の口臭」も気になりやすい

そこで、あらためて「年末シーズンは、他の時期と比べて自分の口臭が気になりやすいと思いますか?」と聞いたところ、45%と半数近くが「そう思う」と回答。また、「年末シーズンは、他の時期と比べて他人の口臭が気になりやすいと思う」と答えた人も50%にのぼった。

飲み会が増える年末シーズンは、いつも以上に口臭に注意すべき時期であると言えそうだ。さらに、「飲み会の翌日と思われる他人の口臭を不快に感じたことがある」人も61%という結果に。

具体的なエピソードとしては、「取引先の人と話しているとき、口臭がきつくて指摘もできず、かなりきつい思いをした」(44歳・女性)、「会議中、参加者からお酒のにおいがして、まともに話せなかった」(45歳・男性)、「普段から上司の口臭が気になっているが、飲み会シーズンは特にひどいと感じる」(32歳・女性)などの声があがっている。

飲み会口臭問題スメハラ

また、「飲み会の翌日の強い口臭は、周囲へのハラスメント(迷惑・苦痛を与えること)に当たると思う」と答えた人も64%に。飲み会翌日の口臭を放置すると、周囲への「スメハラ」に発展し得るということになり、注意が必要だ。

飲み会口臭問題スメハラ

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます