• TOP
  • ヘルスケア
  • 2019年春、東京のスギ・ヒノキ花粉飛散は過去10年平均を大幅に超える見込み

2019年春、東京のスギ・ヒノキ花粉飛散は過去10年平均を大幅に超える見込み(2018.12.24)

フォーチュン2019年スギ・ヒノキ花粉飛散予測

世界最先端のAI技術をスギ・ヒノキ花粉飛散予報に搭載した「AI花粉予報」を提供するフォーチュンは、2019年東京都内での花粉飛散量の予測を発表した。

2019年春の東京都主要地点のスギ・ヒノキ花粉飛散予測

区部では2018年を下回るが、過去10年平均値を越える飛散が予測される。一方、都下では多くの地点で2018年の飛散量を超え、過去10年平均値を大幅に越える飛散が予測される。

フォーチュン2019年スギ・ヒノキ花粉飛散予測

■予測の根拠

毎年春に飛散するスギ・ヒノキ花粉の飛散量は、前年の気候と強い関係があることが知られている。

特に前年7月、8月に気温が高く、日射量が多いほど翌春の飛散量は多くなるのだ。

同社では、下記に基づいて独自の手法で2019年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量を算出、予測した。

・2018年7月、8月の気温

・東京都がダーラム法によって計測し公開しているスギ・ヒノキ花粉飛散量数値※

・2018年10月に弊社独自で調査した、関東地区のスギ林におけるスギ雄花の着花状況

※出典…東京都福祉保健局 東京都健康安全研究センター.“スギ・ヒノキ花粉情報”.,http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_kankyo/kafun/data_spring/,(参照 2018-12-11).

【関連情報】
https://kafun.info/2019_yosoku

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます