• TOP
  • モテ講座
  • 【大人の常識】知っておくべきお節料理のマナー3つ

【大人の常識】知っておくべきお節料理のマナー3つ(2018.12.30)

年始はお節料理の時期。

そもそも、このお節とは中国(唐)の時代に1年の中で季節の区切りを「節」としていたのが日本に伝わり、この節日に家族や親戚と集まってお祝いをしたのが起源。

年の区切りであるお正月にふるまわれる料理として、「お節料理」は現在も受け継がれています。

今回は、このお節料理を大人の男性としてスマートに食すための最低限のマナー3つご紹介しましょう。

お重は隅から食べてはいけない

お節料理マナーお屠蘇祝い箸
Photo/photo AC

そして次にお重の食べ方ですが、これにも順番やマナーがあります。

お重には「壱の重」「弐の重」「参の重」「与の重」(忌み数字の四は使用しない)「五の重」(空もしくは予備の食べ物を詰めている)とあり、「壱の重」から順に手をつけること。

その際に、つい遠慮して隅に詰めてあるものから取ってしまいそうですが、それはNG。

お重の隅が抜けると福が抜けていくことが連想され、縁起が良くないとされているので、お料理は真ん中からいただきましょう。

お屠蘇(とそ)は若い人から飲む

お節料理マナーお屠蘇祝い箸
Photo/photo AC

お屠蘇には1年の邪気を祓い、長寿を祈る意味があります。

それゆえ、口をつける順番は、年齢の若い人から。

一番最後に年長者が飲むことで、先に飲んだ人の若さを得る意味があるそうです。

また厄年の人がいたら、その年長者より後に飲むことで息災を願います。

まずは年長者が最年少者にお屠蘇を注ぎ、盃に三度に分けて(正式には大中小の三つ重ねの盃で、三杯に分けて飲むのを簡略した形)注ぎ、注がれた年少者は三々九度のように分けて飲まず一気に飲みます。

つぎに年少者は自分より年が上の人にお屠蘇を注ぎ、そしてまた代わって、その人が自分より年が上の人に注ぎ…というように繰り返し、年長者あるいは厄年の人まで注ぐよう継いでいきます。

祝い箸の反対を使ってはいけない

お節料理マナーお屠蘇祝い箸
Photo/photo AC

家族や友人たちとお節を囲んで食べるとき、やりがちなのが「取り箸」を祝い箸の反対でやってしまうこと。

お正月でよく使われる両端が細くなっている「祝い箸」で、使っている方の反対の先を取り箸にするのは良くありません。

両端が細くなっているのには人と神様が一緒に食事をするという「神人共食」の意味があり、祝い箸の反対の先は神様が使用する部分。

ですからこれを取り箸に使ってはいけませんので、その場合は「褻(け)の箸」(通常で使用される片方だけ細い箸)を別に出して使いましょう。

いかがでしたか?

お正月によく食べられるお節料理も、ちょっとしたマナーを知っていれば自然とリラックスして振る舞えますよね。

年始も気持ちよく、そして美味しくスタートさせてくださいね。

アンク先生のモテる極意

『和のマナーを心得、年始からスマートな大人の振る舞いができる男性になりましょう。』

メンズ美容家 山川アンク

MB-004

一般社団法人 日本メンズ美容協会 グランド アンバサダー

日本で唯一の女性メンズ美容家。「美容の科学と女性目線」で男性に美容指導するエキスパートとして活動中。クリスチャン・ディオールをはじめ、国内外の有名ブランド化粧品メーカー4社に勤務。在職中には、エステティシャンや美容スタッフ等、数多くのプロを育成。2010年に独立。メンズ美容の専門家として、2012年より活動をスタート。多くの女性が感じている男性に対する本音を伝えながら、メンズケアを解りやすく伝えている。

山川アンクHP:http://www.ankh-yamakawa.com/

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます