• TOP
  • ヘルスケア
  • 寒い朝に「温かいスープ・温かいコーヒー・白湯」で最も温まるのは?

寒い朝に「温かいスープ・温かいコーヒー・白湯」で最も温まるのは?(2019.01.05)

3aba51cdb294c83f6615f05e360895d8_s

2014年9月に発足した朝食に温かいものを摂取することの重要性を啓発するため、情報発信する団体『温朝食ラボ』は、1日のうちで最も身体が冷えると言われる朝に、身体を温めるために飲むべき1杯が何かを検証するべく『温かいスープ』『温かいコーヒー』『白湯』の3種類の飲料で体温上昇の比較検証を今津 嘉宏 先生(芝大門 いまづクリニック 院長)の監修のもと、サーモグラフィを用いて行った。

img_147512_1
▲サーモグラフィによる検証・上半身

今回、3名の女性にスープを摂取してもらったところ、摂取直後より体温が上昇し、特に末梢の手においては、最大で約2℃上昇。その後も上昇した体温が120分持続した。

対して温かいコーヒーは、摂取直後は体温上昇がみられたものの、末梢の手が、20分後以降には低下傾向がみられる。

さらに100分後には摂取前よりも体温が下回る結果に。

また白湯においては、末梢の手が、10分後から体温が低下し、45分後には摂取前よりもさらに低い体温となった。

これらのことから、摂取直後から体温が上昇し、継続的に身体を温めるのは、温かいスープであることが判明した。

【サーモグラフィによる検証・上半身】

img_147512_1

【サーモグラフィによる検証・手の甲】

img_147512_2

【温度量変化の検証・腹部、手の甲】

img_147512_3

【試験概要】
■被験者 :20~30代女性3名
■試料  :(1)コーンクリームスープ(温) 120ml
      (2)コーヒー(温) 120ml
      (3)白湯 120ml
      ※(1)・(2)は、市販のインスタント粉末を使用
■試験方法:試料摂取前、摂取~120分後までの上半身、両手をサーモグラフィで撮影。
      試験は2日間で実施。試料は4分かけて摂食。
■試験期間:2017年11月24日、25日
■実験監修:今津 嘉宏 先生(芝大門 いまづクリニック院長・医師)

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます