• TOP
  • スキンケア
  • 創業1851年の名門スキンケアブランドが主力の保湿クリームをリニューアル

創業1851年の名門スキンケアブランドが主力の保湿クリームをリニューアル(2019.01.10)

キールズクリームUFCスクワラン

ニューヨークのアポセカリー(※)をルーツに、1851年の創業以来、167年以上にわたりスキンケア製品を提供し続けているキールズ。世界中の天然由来成分を研究し、皮膚科学の知識に基づいたスキンケアを開発してきた同社において、「キールズ クリームUFC」は2005年の誕生以来、世界中の利用者に愛され続けてきたブランドのアイコン的な保湿クリームになる。

そんな保湿クリームが、肌に乗せた瞬間に浸透する軽やかなテクスチャーはそのままに、より厳選した処方にこだわり、潤いに満ち、ふっくらとしたやわらかな(※2)肌へと導く、新・「キールズ クリームUFC」となり発売が開始された。
※欧米の調剤薬局

新しくなった2つのポイント

1.こだわりの天然由来成分(※3) はそのままに、フォーミュラを厳選
選び抜かれた天然由来成分はキープしたまま、より多くの人に使ってもらえるようにするため、処方を変更。パラベン・カルバミド・TEAの3成分を取り除いた新しいキールズ クリームUFCとなった。

高い保湿力を保ちながら、肌に浸透する際に(※4)負担が少ない処方を開発した。乾燥肌や敏感になりがちな肌等、肌質・年齢・性別問わず幅広く使える保湿クリームとなって生まれ変わったという。

2.乾燥する部位も、もっと潤う素肌に!
おでこ・頬・顎回りなど特に乾燥しがちなエリアも、塗布前より2.3倍潤い(※5)に満ちた肌へとサポート。なめらかで潤いに満ちた素肌に導いていく。

キールズ クリームUFC、その人気の秘密

年齢や性別、肌タイプを問わず世界中のキールズで愛され続け、そして世界中で6秒に1個売れている(※6)。同社では、その理由はその製品名にもある「U=潤い」、「F=ふっくら」、「C=軽やかに」肌を整える保湿力だ。

■U=潤う:水分フルチャージされた素肌がしっとりと「潤う」
肌から自然に分泌される皮脂に似ていることで、肌になじみやすい保湿成分であるスクワラン(※3)と過酷な環境下でも水分を保持する作用を持つと言われるアンタークチシン(※3)を配合。厳選された天然由来成分が潤いをぎゅっと閉じ込めた。

■F=ふっくら:天然由来オイル*7 の力で肌をふっくら、若々しい印象へと導く
6種の天然由来オイルを配合。肌をふっくらとした素肌に。水分をたっぷり含み、なめらかな肌表面へと導く。

■C=軽やかに:まるで乳液のような、なめらかなテクスチャー
キールズ クリームUFCの軽やかなテクスチャーも世界中で愛され続ける理由の一つ。クリームとは思えない程の軽やかさと乳液のようななめらかさが、柔らかく潤いで肌を包み込み、季節を問わず毎日使える。

*1 2018年1月~10月のキールズジャパンにおける販売個数に基づく *2 ハリ感のこと *3 スクワラン、シュードアルラモナス発酵エキス(共に保湿成分) *4 角質層まで *5クリニカルテスト:コルネオメーター(皮膚計測機器)で低温度環境でのテスト結果による *6 2017年キールズ販売実績による *7 コメヌカオイル(整肌成分)・アンズ核油(保湿成分)・アーモンド油(保湿成分)・アボカド油(保湿成分)・オリーブ果実油(保湿成分)・ダイズ油(整肌成分)

商品概要

キールズクリームUFCスクワラン

商品名:キールズ クリーム UFC
容量:49g / 123g
金額:4,000円 / 7,200円(税抜)
使用方法:朝晩の洗顔後、化粧水や美容液で肌を整えた後、パール粒大(8mm玉程)を顔全体になじませる。

【関連情報】
https://www.kiehls.jp/?s=news/skincare/uf_cream&wide=1

 

その他の情報はこちら 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます