ビジネスから冠婚葬祭までカバーするネクタイの結び方4選(2019.01.10)

ダイドーフォワードネクタイ結び方

ビジネスマンの胸元は、見られる機会も多く、第一印象を決める要素の一つ。衿型やTPOに合わせた結び方をマスターすれば、ワンランク上のおしゃれを楽しめたり、好感度アップも期待できる。

そこで、ダイドーフォワードは、特集コンテンツ「ネクタイの初心者でも簡単な結び方7STYLE」を同社通販サイトで公開した。

今回は数あるネクタイの結び方の中から、ビジネスシーンで良く使われるものや冠婚葬祭、パーティーなどに最適な結び方を一部抜粋して紹介したい。

ダイドーフォワードネクタイ結び方

▽イメージ付き!分かりやすい結び方はこちら
https://www.ny-onlinestore.com/special/ny/necktie/index.html?utm_source=newssite&utm_medium=pr#styleArea01

最もスタンダードな結び方。結び目が細いのが特徴。ディンプルが作りやすく、自然なくぼみが入る。

脱着によるネクタイへの損傷が少ないので、多くの人から支持されている。レギュラーカラーシャツやボタンダウンカラーシャツとの相性が◎。

ダイドーフォワードネクタイ結び方

▽イメージ付き!分かりやすい結び方はこちら
https://www.ny-onlinestore.com/special/ny/necktie/index.html?utm_source=newssite&utm_medium=pr#styleArea02

レーンノットの大剣を二重にした結び方。プレーンノットより少しだけボリュームを持たせたいときにおすすめ。レギュラーカラー、ワイドカラーのシャツとの相性が◎。

ダイドーフォワードネクタイ結び方

▽イメージ付き!分かりやすい結び方はこちら
https://www.ny-onlinestore.com/special/ny/necktie/index.html?utm_source=newssite&utm_medium=pr#styleArea03

美しい正三角形のノットが作れる結び方。結んだ時に、結び目が左右対称になりやすく、斜めに曲がってしまうことも防ぎやすいため、初心者でもきれいに結びやすい。

ダイドーフォワードネクタイ結び方

▽イメージ付き!分かりやすい結び方はこちら
https://www.ny-onlinestore.com/special/ny/necktie/index.html?utm_source=newssite&utm_medium=pr#styleArea04

ボリュームのある左右均等な逆三角形のノットが特徴。エレガントなディンプルがバランス良く作れる結び方。英国のウィンザー公が流行らせたのが由来とされている。薄手のネクタイで結ぶのがおすすめ。

全編はこちらから
https://www.ny-onlinestore.com/special/ny/necktie/index.html?from=nyo_top_main

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます