男性の約9割が「育毛剤」と「発毛剤」の違いを理解していなかった…(2019.01.21)

アンファースカルプDミノキシジル

「スカルプD」をはじめとするトータルヘアケアブランドを発売しているアンファーでは、20~60代の男性1,000人を対象に “薄毛”や“抜け毛”の悩みの対処法である育毛剤や発毛剤の理解度に関する調査を実施。

調査の結果、“育毛剤”と“発毛剤”の違いを誤認している人が90%に達するなど、意外な実態が判明した。

発毛効果のある成分「ミノキシジル」を知っている人は約15%

はじめに、男性の薄毛の原因を理解しているかを聞いたところ、「男性ホルモン」であると正解を答えた人は約50%となった。

さらに育毛剤または発毛剤を使用している人に限っては、約70%の人が理解しており、薄毛の主な原因は男性ホルモンであるということは、多くの人に馴染みがあるように思える。

しかし、薄毛や抜け毛に実際に悩んだ際に必要な知識として、発毛効果を発揮する成分は何でしょうという質問に対して、“ミノキシジル”と答えた人は約15%で、育毛剤または発毛剤を使用している人でも約30%という結果になった。

アンファースカルプDミノキシジル

育毛剤と発毛剤の違いは理解されていない

続いて、育毛剤(医薬部外品)と発毛剤(医薬品)の効果・効能の違いを理解している人を確認するための質問を実施したところ、理解している人は、わずか3%という結果になった。

また、育毛剤(医薬部外品)もしくは発毛剤(医薬品)を使用している人ですら、約10%の人しか理解していないことも判明。

育毛剤と発毛剤の違いに関して

アンファースカルプDミノキシジル

医薬部外品の育毛剤には、頭皮の血行を促したり、頭皮に栄養を与えたりすることで健康的な毛髪を育てる効果が期待できる。

それによりハリコシがあり、抜けにくい健康的な毛髪へと導くほか、頭皮を健やかに保つ効果も期待でき、ふけやかゆみといった頭皮トラブルの予防にも役立つ。このように薄毛や抜け毛に悩んでいる人だけでなく、幅広い層にも使ってもらえるのも特徴の一つだ。

一方でミノキシジルを配合している医薬品の発毛剤(外用剤)には、新しい毛髪の発毛と成長を促す効果が期待できる。

成長期の毛乳頭細胞に直接働きかけることで毛母細胞を活性化させ、ヘアサイクルの乱れを正常に戻し、新たな毛髪を発毛させたのちに強くたくましい毛髪へと成長させるのだ。

すでにある毛髪を強く成長させるだけではなく、新しく生やし、さらに毛髪を育て定着させるのが発毛剤の効果と言える。

アンファースカルプDミノキシジル

【関連情報】
https://www.angfa-store.jp/

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます