• TOP
  • ヘルスケア
  • 自律神経の乱れには「目もと」と「呼吸」のケアがポイント

自律神経の乱れには「目もと」と「呼吸」のケアがポイント(2019.01.30)

ストレス自律神経整え方長谷川 洋介交感神経副交感神経

「ストレスを感じると、自律神経の働きが乱れる」と言われている。では、そもそも「自律神経の働きが乱れる」ってどういうことなのか? 乱れた自律神経を整えるにはどうしたらいいのか?

健康情報サイト、ウェルラボに東京マインドフルネスセンター センター長 長谷川 洋介先生の監修によるリポートが掲載されているので概要を紹介したい。

自律神経とはどんな働きをするのか?

心臓を動かす、胃や腸で食べ物を消化・吸収する、体温や血圧を一定に保つ……。このような身体活動を維持するための働きをつかさどっているのが「自律神経」だ。自律神経は、脳から独立して、無意識のうちに身体をコントロールしている。自分の身体に「心臓を早く動かして」「胃腸をストップ」などと指令を出しても、思い通りにならないのは、このため。

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」から成り立っている。日中、活動しているときや、興奮しているときに優位になるのが交感神経。一方、睡眠中やリラックスしているときに優位になるのが副交感神経だ。私たちの身体は、交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで、心身ともに健やかな状態を保つことができる。

ところが現代人はいくつものストレス要因を同時に抱えているため、長時間にわたって緊張や興奮が続くことがよくある。すると、交感神経ばかりが優位な状態が続いてしまい、自律神経のバランスが崩れてしまうというわけだ。

副交感神経を優位に導く自律神経トレーニング

これを解消するのが、意識的にリラックスして、副交感神経が優位な状態をつくり出すこと。つまり、自律神経コントロールだ。そのおすすめの方法がこれ。

まず手軽に取り入れられて、すぐに効果を実感できるのが、「40度の蒸気による目もと温め」だ。目もとを熱すぎず冷たくもなく、「気持ちいい」と感じられる40度で温めると、目の奥にある三叉(さんさ)神経(感覚神経)が刺激される。それが自律神経に伝わると、副交感神経が優位な状態になり、深いリラックス感が得られるといわれている。

その際、蒸気で目もとを温めたい。乾いた熱よりも湿った熱のほうが身体に、深く広く伝わるからだ。蒸しタオルやホットアイマスクを使うと手軽で簡単なうえ、すぐにリラックス感を実感できる。

そしてマインドフルネスの呼吸で、呼吸にコントロールを加えずに、客観的な呼吸観察を行う。姿勢を正し、呼吸を観察し続けていると、呼吸が深まり、落ち着き、自律神経も整う方向へと変化していくという。

マインドフルネスの呼吸法は、次の流れで進める。

(1) 落ち着いて集中できる環境で行なう。床に骨盤を立ててあぐらをかき、背筋を伸ばす。
(2) 肩の力をぬき、目を閉じる。または目は開けたままでもOK。
(3) 手はひざの上などに自然に置き、肩の力を抜いて目を閉じる。
(4) 姿勢が整ったら、自分のペースで鼻呼吸を繰り返す。身体に任せて、吸いたいだけ吸い、吐きたいだけ吐いてOK。「息を吸ってお腹がふくらんだ」など、自分の呼吸だけに集中する。最初は5分間、慣れたら徐々に時間を延ばしていく。
(5) 呼吸とは無関係の考えが浮かんできたら、呼吸に意識を戻す。
(6) (4)と(5)の作業を繰り返す。最初はうまくいかなくても、次第に呼吸に意識を集中できるようになる。最初は5分程度からはじめ、徐々に時間を延ばしていく。

ストレス自律神経整え方長谷川 洋介交感神経副交感神経

関連情報

https://www.well-lab.jp/

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます