いよいよ明後日!バレンタインは男前度をアップして迎えたい(2019.02.12)

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

いよいよ明後日に迫ってきたバレンタインデー。その起源はローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ヴァレンティヌスに由来する記念日だと言われている。一方、日本では女性が男性に愛情の告白という形でチョコレートを渡す日、となっているが、これは日本独自のスタイル。その起源には東京や神戸の製菓会社説やデパート説、輸入雑貨店説などがあり、確定はしていない。

それはさておき、バレンタイン当日は大切な人とのデートを予定している人も多いはず。そこでメンズビューティー的にチェックしておきたいのが、各種のグルーミングアイテム。というのも、ボサボサマユに加えて、無礼な鼻毛が顔を出していては、せっかくのデートもがっかりな結果を招くおそれがあるからだ。

また近年ではチョコレート以外のアイテムを贈る傾向もあり、チョコレートを模した革製のステーショナリーなどの雑貨類に加え、フレグランスなどのコスメ類も人気を集めているという。そこで、これらのグルーミングアイテムを彼女に駆け込みで〝おねだり〟するのも十分にアリ。一瞬で消えてしまうチョコレートと異なり、毎日使えるお役立ちアイテムでもあることを、このページを見せて、さりげなく(?)アピールしてみよう。

となれば、もちろんんホワイトデーのお返しという案件が浮上するが、それは、また別の機会に取り上げてみたい。

それでは今回フィーチャーした3モデルの機能について見ていきたい。

パナソニック
ボディトリマー ER-GK70

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

本体サイズ/高さ192×33×奥行き47mm、約140 g(アタッチメント含まず)
付属品/肌ガードアタッチメント(2mm)、長さそろえアタッチメント(3mm/6mm/9mm
オープン価格

まず、これ1台で全身のムダ毛ケアが可能なグルーミングアイテム、ボディトリマー ER-GK70だ。その特徴は、毛の刈り高さを調整できる3mm6mm9mmの長さそろえアタッチメントに加え、肌のやわらかい部分でもやさしく使える2mmの肌ガードアタッチメントを同梱したこと。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

写真手前が肌ガードアタッチメント、写真奥左より3、6、9mmの長さそろえアタッチメント。

 

アタッチメントを使用しない〝直刃〟の場合は約0.1mm(へそ周りに対して)のアレンジが可能で、アタッチメント使用時と合わせて5段階の調整に対応する。

この機能を使えば、同じ脚のスネ毛でも、ふくらはぎやスネ周辺は長さそろえアタッチメント6mmの〝ちょい残し〟でさりげないお手入れ感を、太もも周辺は肌ガードアタッチメントを使って2mmに仕上げて清潔感をアピール。ビジネスシーンでは、相手の視線にさらされる機会の多い指や手の甲のムダ毛は、アタッチメントなしでツルツルに、といった部位別の使用も想定できる。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

またデリケートなゾーンで使用されるだけに、刃の先端が尖っていないワイド&ラウンド形状の「トリマー刃」を採用。肌に食い込まず、しかもソフトな肌あたりを実現した。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

さらに本体は、各部位に合わせて持ち方を変えやすい「I字シェイプ」を、ヘッドもデリケートな部分にも届きやすい「V字ヘッド」とした。特にヘッドは、安全カミソリのT字形状では臀部などの凹部にヘッドが入り込みにくいだけに、チェックしておきたい機能の一つと言える。

ここで、一つ注意点を。肌ガードアタッチメントと直刃、そして長さそろえアタッチメント使用時では、肌へのヘッドの当て方が異なるのだ。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

肌ガードアタッチメントや直刃を使用する場合は、上の写真のようにヘッドを寝かせて、毛の流れに逆らうようにゆっくりと動かす。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

長さそろえアタッチメントを装着した場合は、ヘッドを立て、アタッチメントの先端(平らな部分)を軽く肌に密着させるようにして動かしていく。

このように正しい角度で使用しないと、ムダ毛が刃に送られず、意図した長さにカットされない場合も考えられるので、必ず守っていただきたい。

なお、ビキニゾーンや臀部、肛門の周囲など肌のやわらかい部位のお手入れの際は、必ずアタッチメントを付けて使用すること。

パナソニック
『マユ & フェイスシェーバー ER-GM30

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

オープン価格
本体外形寸法/高さ140×16×奥行き14mm20g(乾電池・マユコーム・ウブ毛用刃含まず)
電源方式/乾電池式(単4形アルカリ乾電池)

続いてマユだけでなく、気になる顔のウブ毛のケアもできる「ウブ毛用刃」も備えたマユ&フェイスシェーバー ER-GM30だ。高さ14.0cm、約20g( 乾電池・マユコーム・ウブ毛用刃含まず)のコンパクトボディで、出張などにも気軽に携行できる。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

写真手前がウブ毛用刃、写真奥右が約8mmと約6mmにカットできるマユコームA、左が約4mmと約2mmにカットするマユコームB

コームを使えば、設定した長さ以上にカットされないので、マユケアならではの〝切りすぎの不安〟が解消される。ウブ毛用刃は、刃先が丸く、肌にやさしくシェーブできる幅広の刃を採用。肌のくすみに一因と言われる頬や額のウブ毛をカットしていく。

パナソニック
エチケットカッター ER-GN70

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

本体寸法/高さ164×34×奥行き45mm(キャップ取付時)、約110g(キャップ取付時)
電源方式/単4形アルカリ乾電池または、単4形充電式ニッケル水素電池 (別売)
主な機能/スマート洗浄、毛クズ吸引

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

最後に鼻毛に加えてマユやヒゲ、耳毛にも対応する、マルチなフェイスグルーミングアイテム、エチケットカッター ER-GN70だ。最大の特徴は、広い範囲の毛を効率的にカットする「デュアルエッジ刃」の搭載。天面と側面に配置された2つの刃が、鼻の奥と側面の毛をほどよい長さにカットしていくのだ。必要な奥の毛まで切りすぎないように、刃の長さも考慮されている。

そんな先進のデュアルエッジ刃」を、トルクが従来比で約1.2倍に強化された新型モーターがパワフルに駆動。刃先は直接、肌に触れないようにガードが付いているので安心だ。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

カットした毛クズは、従来よりも吸引力が約10%アップした毛クズ吸引機能が強力に〝集塵〟。周囲に飛び散りにくいので、処理後の掃除も簡単だ。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

刃を取り外すことなく、簡単に毛クズを洗い流せる「スマート洗浄」機能も備える。

それではボディトリマーから実際に使ってみよう。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

さりげない〝お手入れ感〟を出すため、6mmのアタッチメントを選択。ラムダッシュでのヒゲ剃り時と同じく、カット音を響かせながら軽快にカットしていく。アタッチメント装着時は前述のように、ヘッドは立てて使用する。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

使用前                 使用後

不自然にツルツルでもなく、かといって中途半端な長さでもない、いい感じの仕上がりとなった。もちろん、ヘッドが毛に引っかかることもなく、終始スムースな動きを実現。本体はお風呂でも使える防水設計(IPX7基準)となっている。

続いてはフェイスまわりのユーティリティプレーヤー、マユ & フェイスシェーバーとエチケットカッターだ。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

上の写真は今回、モニター役を引き受けてくれた、マーケティング会社の営業担当・雨宮さん。普段はハサミで手入れしているという。ただしマユ頭付近の生え方が一様ではなく、ラインなどが揃わないのが悩みと話す。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

最初にコームを使わない、直刃でラインからはみ出ている毛をカットしていく。マユのキワまで整えられる小幅の刃を搭載。簡単かつスピーディーなケアが可能だ。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

続いてコームを装着して長さを整えていく。今回はマユコームAの約6mmを選択。この設定した長さ以上にはカットされないので、ビギナーでも安心だ。

直刃、コーム使用時ともにヘッドはマユ尻からマユ頭に向けて動かしていく。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

そして気になる頬のウブ毛をウブ毛用刃でカット。ウブ毛をケアすることで肌色が明るくなったり、化粧水などが肌に浸透しやすくなる、とも言われている。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

仕上げはエチケットカッターで鼻毛を処理。たった1本、わずか数mmでもハミ出ていれば印象ガタ落ちとなるだけに、ビジネスマンには必携のアイテムかもしれない。

使い方は先端を鼻に入れるだけ。こちらもシェーバー使用時と同じく、カット音がするため、仕上がりのタイミングがわかりやすい。

ボディトリマーマユ & フェイスシェーバーエチケットカッターバレンタインデー

マユのラインはキレイに整ったことで好感度もアップ。長さを揃えたことで、マユ頭付近の〝毛流れの不自然さ〟も目立たなくなったようだ。またウブ毛をカットすることで、肌色も明るくなったように見える。

カレンダーが2019年となって早くも1か月半。あと1か月半経てば、今度は新年度を迎えることになる。そのスタートダッシュを決めるためにも、今回フィーチャーした3機種は、手元に揃えていきたいアイテムといるだろう。

撮影/末安善之

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます