2019年1月生まれの赤ちゃん「人気の名前ランキング」(2019.02.11)

ベビーカレンダー1月生まれ名づけトレンド

妊娠・出産・子育てに関する情報を母親に提供するプラットフォーム企業、ベビーカレンダーは、2019年1月生まれのお子さん11,111名を対象に、『1月生まれベビーの名づけトレンド』に関する調査を行った。その概要は以下のとおり。

 1月生まれの赤ちゃんに人気の名前ランキングTOP10

ベビーカレンダー1月生まれ名づけトレンド

1.ついに「子」で終わる女の子の名前が1位に。男の子は“スケールの大きさ”を感じる名前がトレンド

1月生まれの女の子に人気の名前ランキングは、1位「莉子」、2位「凛」、3位「芽依」「結愛」という結果に。近年人気の名前「莉子」が首位を獲得したのは2015年以来、約3年ぶり。

止め字の「子」は、女の子の“レトロネーム”に用いられることが多く、今回「莉子」が1位になったことで、改めて“レトロネーム”の人気が定着しつつあることが明らかになった。

「莉子」という名前は、漢字を見ると少し古風な印象だが、「りこ」という響きは現代風なので、双方のいいとこ取りをした“ハイブリッドネーム”とも言えそうだ。

また、「莉子」以外にも、「楓」「紬」「杏」などの日本的な美を連想させる“レトロネーム”がランクインした。個性的かつ独創的な名前が多く登場した平成時代が終わりを迎えるにあたり、赤ちゃんの名づけも原点回帰が意識されているのかもしれない。

1月生まれの男の子に人気の名前ランキングは、1位「陽翔」、2位「湊」、3位「大翔」という結果に。1位「陽翔」と3位「大翔」は、どちらも止め字に「翔」を使うことで、大空へ羽ばたくような壮大な印象に。

2位の「湊」は、「水上航路が集まるみなと」の意味から広大な海を連想させるほか、「たくさんの人や物が集まる場所」といった意味により、活気があり社交的なイメージを持つ名前だ。

さらに、「遥か・遠い」などの意味を持つ「悠」を用いた、6位「悠真」や10位「悠斗」も含め、男の子の名前は全体的に“スケールの大きさ”を感じさせるものが多くランクインした。

 1月生まれの赤ちゃんに人気の〝名前よみ〟ランキングTOP10

ベビーカレンダー1月生まれ名づけトレンド

2.女の子は「り」で始まる2文字の名前のよみが人気。男の子の名前のよみ、過半数は「と」が止め字

女の子のよみランキングは、1位「ゆい」、2位「あかり」、3位「めい」という結果。「ゆい」「あかり」は、近年、高確率でTOP3以内に入る名前のよみで、1月も安定の人気で順位をキープしている。

今回注目すべきは、「り」で始まる2文字の名前のよみ。4位「りこ」、5位「りん」、6位「りお」の3種類がTOP10入りした。

「りこ」は、1月生まれの女の子に人気の名前ランキングで1位となった「莉子」のほか、「璃子」「莉瑚」「莉心」など、15種類の名前のバリエーションがあった。「りん」は、「凛」や「凜」を用いた“一文字ネーム”がほとんどだが、その次に「凛音」「梨音」「璃音」など、「音」と組み合わせる名前が人気のようだ。

また、「2017年赤ちゃんの名前ランキング」では21位、「2018年赤ちゃんの名前ランキング」では11位だった名前のよみ「りお」が6位に上昇。1月生まれの女の子の名前には、「莉央」「莉緒」「梨央」の順に多く使われ、名前のバリエーションは計21種類。

男の子のよみランキングは、1位「はると」、2位「ゆうと」、3位「りく」であった。1月のTOP10は、3位「りく」を除くすべてが3文字の名前のよみという結果に。

また、止め字に「と」を用いた“「◯◯と」ネーム”が過半数を占め、昨年から人気を維持している。2017年14位、2018年11位だった「あおと」は、前月の7位からさらに浮上し、1月は5位にランクインと好調。

1月生まれの男の子の名前には「碧人」「碧斗」「蒼大」の順に多く用いられ、計29種類もの名前のバリエーションがあった。「あお」という響きがクールな印象を与えるために、冬に人気が上昇したのかもしれない。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます