• TOP
  • オーラルケア
  • 顔が〝映え〟しない!?若者の7割以上が「写真を撮られることが苦手」

顔が〝映え〟しない!?若者の7割以上が「写真を撮られることが苦手」(2019.02.14)

銀座矯正歯科写真写り意識調査

医療法人社団真美会 銀座矯正歯科では、全国20代~30代の男女に「写真写りに関する意識調査」を実施。『インスタ映え』や『フォトジェニック』などの言葉が飛び交う中、彼らの本音や、外見へのコンプレックスについて分析を行なった。

ほとんどの人が写真を撮られるのが苦手⁉

まず、「写真を撮られることは好きですか?」と質問したところ、7割以上の人が『いいえ』と回答した。

銀座矯正歯科写真写り意識調査

写真を撮られることが苦手な理由としては、『写真写りが悪いから(50.7%)』が1位となり、次いで『恥ずかしい(24.3%)』『撮る意味がわからない(17.5%)』と続く。

銀座矯正歯科写真写り意識調査

SNSで、友人との集合写真や、自撮りをUPしている人が多くみられる中で、実は7割以上の方が「写真を撮られたくない」と感じているのは意外だ。

自身の写真写りが悪いと感じる理由は「笑顔に自信がない」

次に、「ご自身の写真写りが悪いと感じる理由はなんですか?」と質問してみたところ、2人に1人が『笑顔に自信がないから』と回答した。

銀座矯正歯科写真写り意識調査

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます