• TOP
  • モテ講座
  • スマホを利用する10代の70%が「情報収集にはSNSを最も活用」

スマホを利用する10代の70%が「情報収集にはSNSを最も活用」(2019.02.16)

ジャストシステムモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査

ジャストシステムが運営する、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」では、全国の17歳から69歳の男女1,100名を対象に『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査』を、2012年7月から毎月1回実施している。

今回、2018年1月から12月までの調査データを改めて分析。『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査~2018年総集編 【トレンド版】』 として発表された。その概要を紹介していこう。

10代から50代が情報収集に使うのは「テレビ」よりも「スマートフォン」

ジャストシステムモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査

スマートフォン利用者に、普段、情報収集に活用するツールを聞いたところ、「スマートフォンからのインターネットやアプリ」(75.7%)が最も多く、次いで「テレビ」(70.9%)だった。

年代別に見てみると、10代から50代までは「スマートフォンからのインターネットやアプリ」が「テレビ」を上回り、60代のみ「スマートフォンからのインターネットやアプリ」より「テレビ」が活用していることがわかる。

※2018年10月度調査。複数回答あり。
※10代は「スマートフォン」(73.9%)に対して「テレビ」(64.1%)、20代は「スマートフォン」(68.0%)に対して「テレビ」(57.5%)、30代は「スマートフォン」(80.5%)に対して「テレビ」(68.4%)、40代は「スマートフォン」(84.0%)に対して「テレビ」(81.1%)、50代は「スマートフォン」(79.3%)に対して「テレビ」(76.8%)、60代は「スマートフォン」(65.9%)に対して「テレビ」(77.3%)。

10代の7割以上がスマートフォンでの情報収集に「SNS」を活用

スマートフォンで情報収集をする際、最も利用しているツールを聞いたところ、「インターネット」(83.3%)が最も多く、次いで「ニュースアプリ(新聞社やテレビ局以外)」(50.3%)、「SNSの投稿やニュースコンテンツ」(40.9%)という結果に。

年代別で見てみると、10代でも「インターネット」(77.9%)が最も活用されていたが、「SNSの投稿やニュースコンテンツ」(70.6%)を活用している人の割合が他の世代と比べて高いことが判明した(20代:55.3%、30代:39.3%、40代:32.4%、50代:31.5%、60代:27.6%)。
※2018年10月度調査。複数回答あり。

ジャストシステムモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査

格安スマホの利用率が3年間で約4倍に。30代は4人に1人が利用

2018年7月度調査において格安スマホ(格安SIM)を「現在、利用している」人は21.5%に上り、2015年5月度調査(5.8%)と比べて約4倍に増加。

年代別に利用率を見てみると、10代(18.0%)、20代(23.0%)、30代(24.5%)、40代(23.5%)、50代(20.0%)、60代(18.5%)という結果に。いずれの世代でも2割前後の人が利用しており、30代においては4人に1人が契約していた。

8割が「SNS依存症」を認知。若年層ほど「依存症」に強い警戒心

SNS利用者のうち、「SNS依存症という言葉を知っている」人は78.4%であった(※1)。そのうち、「普段から、SNS依存症にならないように意識している」人は23.0%。年代別に見ると10代は39.5%、20代は28.3%、30代は23.9%、40代は21.7%、50代は12.6%、60代は10.9%と、若年層ほど「SNS依存症」への警戒心が強いようだ。

※2018年5月度調査。
※1 「知っていてそうならないよう努力している」 「知っているが、特に意識して行動はしていない」の合計。

主要SNSの広告では「Instagram」のみ不快感を持つ人が増加

SNSのタイムライン上に表示される広告に対して「不快感を抱く」と答えた利用者の割合を、2017年9月度調査と2018年12月度調査で比較したところ、「Facebook」が63.4%(2017年9月度調査)から60.9%(2018年12月度調査)に減少、「Twitter」は66.7%(2017年9月度調査)から58.5%(2018年12月度調査)に減少、「LINE」は52.7%(2017年9月度調査)から49.8%(2018年12月度調査)に減少。

一方、「Instagram」のみ55.2%(2017年9月度調査)から57.5%(2018年12月度調査)に増えていた。
※「時折、不快感を抱くことがある」「不快感を抱くことが多い」の合計。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます