• TOP
  • モテ講座
  • スマホを利用する10代の70%が「情報収集にはSNSを最も活用」

スマホを利用する10代の70%が「情報収集にはSNSを最も活用」(2019.02.16)

30代のアドブロッカー利用率は約4割。昨年より8ポイント増加

2018年4月度調査において、パソコンやスマートフォンにインストールすることでインターネット上の広告をブロック(非表示)できるアプリ「アドブロッカー」を「知っている」人は31.8%であった※。

そのうち、「現在、利用している」人は33.7%で、2017年10月度調査(34.1%)と比べると、ほぼ横ばいに。年代別に見てみると、30代で利用者の増加が目立ち、33.3%(2017年10月度調査)から41.3%(2018年4月度調査)と8ポイント増加。
※「知っていて、他の人に詳しく説明できる」「知っているが、他の人に説明できるほどではない」の合計。

ソーシャルシェアボタン利用率1位は「Twitter」、2位は「LINE

2018年4月度調査において、ネット記事などを閲覧して気に入った際にシェアすることができる「ソーシャルシェアボタン」のうち、最も利用率が高かったのは「Twitter」(69.4%)、次いで「LINE」(63.1%)、「Facebook」(57.3%)という結果に。「LINE」は、2017年1月度調査(51.8%)から大幅に増加し、「Facebook」を上回った。
※複数回答あり。

スマートフォンでのサジェスト検索は、10代の半数以上が「頻繁に利用」

インターネットでキーワード検索する際、最初の数文字を入れると、入力候補が一覧表示される「サジェスト(提案)検索機能」をスマートフォンで「頻繁に利用する」人は38.0%、「ときどき利用する」人は30.5%、「あまり利用しない」人は10.2%、「利用しない」人は10.0%であった。

年代別に見てみると、「サジェスト検索機能」は特に10代で利用する人が多く、54.0%が「頻繁に利用する」と回答。
※2018年8月度調査。

スマートフォンでのWeb閲覧履歴を元にした広告に、約半数が「不快感」

スマートフォンを利用している最中に、「自分自身のWeb閲覧履歴などを元にカスタマイズされた広告が配信されていると感じたことがある」人は78.7%※。

そのうち、「便利だとは感じないし、不快に感じることが多い」人は25.9%、「不快なのでやめてほしい」人は25.6%で、合計すると51.5%が否定的な意見を持っていることがわかった。
※2018年11月度調査。「頻繁に感じる」「ときどき感じることがある」の合計。

男性スマホユーザーの5人に1人が「スマホトレーダー」

スマートフォンを使った株取引について14.0%の人が「現在行っている」と回答。男女別に見ると、「男性」で行っている人は20.9%、「女性」で行っている人は7.2%。スマートフォンを所有する「男性」の5人に1人が、スマートフォンで株取引を行っていた。
※2018年11月度調査。

ジャストシステムモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査

関連情報
https://marketing-rc.com/report/report-monthly-20190206.html

 

その他の情報はこちら!

 

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます