• TOP
  • モテ講座
  • 【男前プロジェクト2015】身だしなみを整えると仕事の集中力もアップする

【男前プロジェクト2015】身だしなみを整えると仕事の集中力もアップする(2015.10.18)

男前プロジェクトとは「身だしなみを磨き、外見も内面も男前なビジネスマンになろう!」という提案をする企画。

今回の男前は…

松竹株式会社 映画営業部所属 阿部雅人さん

すべての作品の劇場宣伝を担当する、入社3年目の若手社員。人前に出る機会が多いため、普段から身だしなみには気を遣っている。今春オススメの一本は、『ソロモンの偽証』。

MB41-002

身だしなみを整えることで仕事の集中力もアップする

注目の企業で活躍するビジネスマンの身だしなみを、パナソニックの最新メンズ美容家電を使って整える「男前プロジェクト」も、今年でついに10年目を迎えた。今年の1回目は、映画・演劇の制作や興行などを手がける松竹株式会社に勤務する阿部雅人さん、25歳が登場。

社内は比較的、服装の縛りがなく自由な雰囲気だが、阿部さんが所属する営業部の社員は、劇場に出かけたりイベントに立ち会ったりと、社外の人と接する機会が多く、全員がスーツを着て仕事をしている。

最近、希望していた映画関連の部署に異動した阿部さんが、新しい部署で信頼を勝ち取り活躍できるよう、女性の先輩社員、後輩社員に、身だしなみについてアドバイスをもらった。

松竹株式会社
MB41-003
創業明治28年。映像・演劇・不動産等の事業を主体に、演劇と映画を中心とした娯楽を提供し続ける総合エンターテインメント企業だ。現在『ソロモンの偽証 前篇・事件』が絶賛公開中、『後篇・裁判』は4月11日より公開。

女性は男性のヒゲに加え、シャツのシワもチェックする

映画の試写会や舞台挨拶、宣伝の制作など、多忙な日々を送る阿部さん。そんな阿部さんが、先輩&後輩社員のアドバイスを受け、パナソニックのメンズ美容家電を体験した!

MB41-015

エンターテインメント業界で働く阿部さん。昔から映画はもちろん、ファッションなどの流行もチェックするほうだったという。
「僕が高校生の時、男性が読むヘアカタログ雑誌が流行ったんです。スキンケアの特集などもあったので、やってみたくなったのかもしれませんね。その頃から化粧水を使っています」(阿部さん)

そう言うだけあって、肌もキレイでヒゲもきちんと剃られており、清潔感も文句ナシという印象だ。実は阿部さん、前日、パナソニックの『カミソリシェーバーラムダッシュ』を体験していた!

「阿部さんはきちんとしていると思います。だらしなさゆえの無精ヒゲが生えている人は、『うーん』と思いますね。カッコよく整っていたり、似合っていて味があったりという人ならいいのですが。それと、満員電車で気になるのが鼻毛!! 鼻から飛び出ているのを見ると、『煙草を吸うのかな』なんて生活習慣まで想像してしまうんです」(本橋さん)

「私は、パンツの丈がちゃんと合っていない人を見ると、大丈夫? って心配になっちゃいます。でも、うちの営業部の人は社外の方と仕事をする機会が多いから、身だしなみにも気を使って、スーツもビシッとしていますよね。阿部さんは、靴下までおしゃれだよね」(生田さん)

思ったより細かいところまで見られていることに驚いた阿部さん。さらに女性陣が「ここは気になる!」と声を揃えたのが、スーツやシャツの“シワ”。

「スーツは、シワがないほうが絶対いい。“アイロン男子”と聞くとマメな印象を受けるし、自分でやるという姿勢がいい。責任感を持って仕事をしていることが伝わってくると、『男前だな』と思います。男性の身だしなみって、仕事への姿勢を伝える要素のひとつかも」(本橋さん)

「シワがないと、細かいところもしっかりしているという安心感がありますよね。自分に自信はあるけれど、それを前面には出さず、周囲の人を引っ張っていけるような男性がカッコいいなと思います」(安永さん)

人と多く会う仕事柄、身だしなみは仕事への集中力も左右するという阿部さん。女性社員のアドバイスを受けて、意気込みを新たにした。

「外見は、内面からにじみ出るものだということを学んだ気がします。がんばります!」(阿部さん)

清潔感を手軽にキープするには?

スーツやシャツの手入れを楽チンにするには?

第一印象をよくするには?

1 2 3 4
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます