• TOP
  • ヘルスケア
  • 食後血糖値の急上昇を抑制!腸内環境も整える「雑穀」のトリセツ

食後血糖値の急上昇を抑制!腸内環境も整える「雑穀」のトリセツ(2019.03.02)

雑穀米01

今、各所で「雑穀」が注目されている。

定食屋さんに行けば、よく白米を雑穀米に変えることができる場合に遭遇する。

また、コンビニでは雑穀を使ったシリアルバーや菓子を目にすることが増えた。

しかし、その雑穀そのものや、その効果は、それほど知識がないのも事実。

今、その雑穀を使ったスイーツが、ダイエット・健康志向の層を中心に話題を集めている。

そこで、雑穀の定義などの基本から、トレンドの「雑穀スイーツ」まで、雑穀にまつわる知識を増やしておこう。

■雑穀はダイエットに使える、腸にも良い食品

雑穀は、噛みごたえがあって満足感が得られやすいため、ダイエッターの間では特に重宝されている食品の一つだ。

また、雑穀はGI値(血糖値上昇指数)が低いため、白米に混ぜて食べれば、食後血糖値の急上昇を防ぐことができる。

健康やダイエットにはふさわしい食品というわけだ。

そんな雑穀は、おやつとして食べることも、一つのダイエット法といえる。

このような満足感や低GI食品であることがベースとなり、人気の食品になっているといえそうだ。

栄養補給としての、雑穀バーやシリアルなどは、ちょっとした間食の定番になっている。

また、雑穀には水溶性食物繊維が多いため、腸の中でその内容のかさが増し、腸内を刺激することで、便秘解消効果が期待できる他、腸内環境が整うともいわれている。

■そもそも雑穀って何?

日本雑穀教会の定義によれば、雑穀とは「日本人が主食以外に利用している穀物の総称」だ。

主食は白米が主流だが、この主食以外のイネ科作物、イネ科作物以外、豆類、玄米や発芽玄米なども広義で雑穀と呼ぶそうだ。

例えば、キビ、アワ、ヒエ、モロコシ、ハトムギ、オオムギ、ソバ、アマランサス、キノア、ゴマなどがある。

いずれも、なんとなく聞いたことがあるけれど、どんなものかは分からない、というのが雑穀に対する多くの人の所感ではないだろうか。

また、雑穀は、それ単独では食べにくいため、白米に混ぜたり、グラノーラにして牛乳やヨーグルトと一緒に食べたりするなど、工夫も必要な食品でもある。

そんな雑穀の弱点を埋めるべく、もっとおいしく、もっと親しんで取り入れようとする試みが「雑穀スイーツ」だ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます