• TOP
  • ヘルスケア
  • 我が社にも!西川が効率的な〝お昼寝〟環境を実現した社内施設を開設

我が社にも!西川が効率的な〝お昼寝〟環境を実現した社内施設を開設(2019.03.07)

寝具の西川では、同社の研究機関である日本睡眠科学研究所の監修により、効率的な仮眠環境をコーディネートした社内施設『ちょっと寝ルーム』を東京オフィスに開設した。同社では「健康経営を推進する当社では今後、この仮眠スペースの開設によって働く人の仮眠をサポートしてまいります」とコメントしている。

西川ちょっと寝ルーム

『ちょっと寝ルーム』は、日本睡眠科学研究所の眠り・寝具の知見を活かし、パナソニックの制御技術により室内全体で仮眠に適した光と音の協調制御を実施。入眠時のリラックスを促す天井の星空投影やアロマの香りなどで、快適で効率的な仮眠環境をコーディネートしている。

西川ちょっと寝ルーム
天井の星空投影

30度の傾斜をつけた仮眠用ベッドを8台設置し、コンディショニングマットレスの最上級モデル「[エアー SX]マットレス」や、4層特殊立体構造が快眠ラインを保つ「&Free マットレス SA」、横向き寝を安定させる「&Free 抱きまくら」を完備。また、椅子に座って仮眠をとるスペースも設け、おひるねピロー「konemuri」などで座位姿勢の眠りもサポートする。

西川ちょっと寝ルーム

同社が1万人の睡眠事情を調査した「睡眠白書2018」において、総睡眠時間が自分の理想に比べて足りていると答えたのはわずか35%で、残りの65%は睡眠時間をもう少し取りたいと感じていることが判明。そこで同社では、「毎日の睡眠不足で溜まっていく睡眠負債を返済するには、夜間の睡眠だけではなく、昼間の15〜20分程度の仮眠が有効です」と説明している。

■日本睡眠科学研究所が推奨する効率的な仮眠のポイント

・タイミングと時間/昼の12〜15時の間に15〜20分が最適
・姿勢/仰向け、横向きは30度程度の傾斜を保ち、首を支える。うつ伏せhがクッション等で腕や顔の圧を分散
・音/会話や音楽が聴こえない、心地よい雑音がある空間
・光/黄色がかった温かみのある色の光、間接照明
・温度、湿度/寒すぎず、暑すぎない温度
・場所/仮眠室があれば最適。なければ会議室やロビー、カフェ等がおすすめ。

関連情報

https://www.nishikawa1566.com

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます