• TOP
  • ファッション
  • ダ・ヴィンチの発明にインスパイアされた回転ディスク式腕時計

ダ・ヴィンチの発明にインスパイアされた回転ディスク式腕時計(2019.03.15)

ガジェットジャパンミリメトロミヨタ

ガジェットジャパンは、イタリアの時計ブランド「トリフォグリオ・イタリア」の回転ディスク式腕時計『MILLIMETRO(ミリメトロ)』を発売した。

この『MILLIMETRO』は、ユニークな回転ディスクシステムを使⽤している。時・分・秒をそれぞれ表⽰した3 枚のディスクが回転し、12 時位置にある赤い線に揃った数字で時刻を表すのだ。ムーブメントは自動巻で、⽂字盤は黒、白、ヴィンテージホワイトの3色を展開。

トリフォグリオ・イタリアのデザイナー アレサンドロ・バルディエリ氏は、『ミリメトロ』のインスピレーションを建築士のころよく使ったロードメジャー(ホイール型距離計)という道具から得たと話す。

ロードメジャーは元々古代ローマで発明されたものだが、ヨーロッパの暗⿊時代に失われてしまったという。その後、レオナルド・ダ・ヴィンチによって再度発明され、16 世紀から現在にいたるまで建築や測量に使⽤されている。

ガジェットジャパンミリメトロミヨタ

「床でも壁でも転がすとロードメジャーにあるゲージの⽂字盤は⾦庫のダイヤルのようにぐるぐる回って距離をミリメートルで表⽰します。イタリア語でミリメートルは millimetro と呼ぶので、この時計を『ミリメトロ』と名付けました」とバルディエリ氏。

ガジェットジャパンミリメトロミヨタ

『ミリメトロ』のケースは、直径42mmの316Lステンレススチィール製で、ムーブメントは信頼の高い日本製のミヨタ Cal.8215 自動巻きムーブメントを採用した。

また風防は、耐破砕性が高く、通常のミネラルグラスより傷がつきにくいK1ガラスに、サファイアコートを施している。特別な加⼯により12 時位置に扇型の拡⼤レンズが付いていて、時刻の数字を大きく見せる意匠も目を引く。

ガジェットジャパンミリメトロミヨタ

商品概要

ケース:316Lステンレススティール / 直径42×厚さ12mm
ガラス:K1ガラス(サファイアコート)
表示タイプ:アナログ / 回転ディスク式
ムーブメント:Miyota Cal.8215 (自動巻き)
ストラップ:牛革 または ステンレスメッシュ
防水性能:5気圧防水
生産国:イタリア
メーカー保証:1年間
価格:レザー 54,000円 / ステンレスメッシュ 60,000円(税抜価格)

関連情報
https://gadget-japan.com/

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます