今年のGWに10日間休みがとれる人は約半数!でも約8割が予定なし?(2019.04.02)

ゴールデンウィーク最大10連休旅行予定

カレンダー上で最大10連休となる今年のゴールデンウィークは旅行需要が非常に高くなり、多くの旅行商品が完売となるなど、活況を呈している。

では、10連休になるとみなさんはどのように予定を立てるのだろうか。また、実際に理想の旅行先に行けそうな人、断念した人はどのくらいいるのだろう。阪急交通社は、20代以上の会社員、公務員にアンケート調査を実施。その結果を紹介していこう。

今年のゴールデンウィークに「10日間休みがとれる」人は約半数

まずはどのくらいの人が休みをとれるのか見ていこう。

ゴールデンウィーク最大10連休旅行予定

最大の「10日間休みがとれる」人は、47%となった。続いて「7日~9日間休みがとれる」人は17%おり、半数以上の方が大型連休になるのは間違いなさそうだ。逆に「休みは全くとれない」人が4%、「3日間未満」の人は15%。

この中から、「10日間休みがとれる」人に絞って、10連休中の予定はどうなっているのか確認してみた。

ゴールデンウィークの予定は約8割の人が決まっていない?

ゴールデンウィーク最大10連休旅行予定

ゴールデンウィーク10連休中のどの日をとっても、予定がないと答えた人が約8割(10日間全て予定がないという人は全体の約6割いる)に及ぶ。せっかくの10連休、早めに予定を立ててという方が多そうに思えるが、少なくとも調査時点では予定がない人の方が多かったようだ。

「まだ予定を決めてないなんておかしい?」なんてことは全然なく、これから決める人が大半のよう。

「旅行の予定がある」について、割合が多いのは4月30日、5月3日。一番少ないのは最終日。やはり最後の1日はゆっくり休みたいという人が多いのだろう。

10連休は旅行のチャンス! 理想の旅行はできそう?

ゴールデンウィーク最大10連休旅行予定

理想通りの旅行先に行けそうかという質問については、「旅行ができそうだ」と答えた方は17%。一方、理想の旅行先に行けなかったことになる、「理想の旅行先ではないが旅行ができそうだ」と「旅行したかったができなさそうだ」の合計は34%という結果に。

「もともと旅行をするつもりがない」人以外、旅行に行きたいと考えていた人の内、3分の1ほどしか理想の旅行先には行けないようだ。10連休といえども、様々な理由で理想通りになってはいないことがわかる。

では、続いてその理由について見てみよう。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます