• TOP
  • フレグランス
  • 清潔感をイメージさせるフレグランス初心者でも使いやすい香り

清潔感をイメージさせるフレグランス初心者でも使いやすい香り(2019.04.09)

フレグランスのトレンドや日本人ならではの香りの纏い方など、香りに関する幅広い知見を持つフレグランスアドバイザーのMAHOさんに、デキる男に今必要な香りの提案をしてもらう本企画。

今回は、香り初心者でもなじみやすい「シャボンの香り」の提案だ。

日本人に親しみと安心感をもたらす「シャボンの香り」

「ファッション上級者でも香水となると迷いが多いのではないでしょうか。本場のヨーロッパから届く、高級ブランドやメゾンの香りには、香りが個性的でなじまないといった印象を持つ方や、使われている素材が複雑すぎると感じる方も多いようですね。

確かに、シトラス系やローズを代表とするフローラル系のほかは、日本人にはあまり親しみがない素材を使用して創作されているもの事実です。ヒトは親しみがあって安心感をもたらす香りを好む傾向があるようです。

新しいフレグランスを使ってみたいけれど、どんな香りにするか決めかねているという方に、まずおすすめなのがシャボンの香りです。せっけんシャンプーをイメージしている香りなので、誰でも幼い頃から馴染みがあり、また、洗い立ての清潔さをイメージさせるため、多くの日本人に好まれる香りと言えます。むしろ欧米よりも日本人にこそ好まれる香りのタイプなのかもしれません。

さらに、好印象を与えるためにはつけ方も大切です。洋服を着る前の素肌に、霧になるように15cmほど離してスプレーしていきます。まずは両方の太もも裏側や肩のラインへ1吹きずつ。汗をかきやすい方やアクティブなライフスタイルの方であれば、両方の脇腹にもプラス。計46か所へスプレーし、その上から洋服を着れば、香りが間接的に柔らかに漂います。

つけ方がよく判らないというお声は、私のパーソナルフレグランスセレクトを利用される方からも多く寄せられますが、「シャボンの香り」は、少しぐらいつけ過ぎても強くなりにくいのでフレグランス初心者にとっても使いやすいと思います。

4月から新生活をスタートさせた方も多いことでしょう。フレッシュな季節には、軽やかで清潔感に溢れ、日本人でも苦手と感じることのないシャボンの香りにトライしてみませんか。気分や足取りまで軽やかになれますよ!

香りのセレクトに悩んでいるなら、まずはシャボンの香りを試してみるのはいかがだろう。

今年10周年を迎えるシャボンの香りのロングセラー

アクアシャボンホワイトコットンの香り

『アクアシャボン ホワイトコットンの香り』80ml2200

MAHO‘sコメント
「アクアシャボンシリーズの中でも、私が男性に似合うと思うのがコチラ。トップノートのライムやレモンが絞りたてのように弾け、リーフグリーンとアンバーが潮風のよう。ラストのバルサムは、まくり上げた白シャツの袖口から覗く腕の逞しさを感じさせます
!

商品情報/
ウエニ貿易 コスメティック事業部
TEL.0358155707
http://aquasavon.jp/

MAHOモンタルイルプロフーモキリアン

MAHO

フレグランスアドバイザー。香水やグルーミング、空間といった生活の様々な香りを通じて、感情や記憶などのコミュニケーションに密接する嗅覚感性を磨くことを提案する。フレグランスカウンセリングのブームの先駆者。販売を伴わず、纏う人の魅力を最大限引き立てる視点でコーディネートする予約制パーソナルセレクトは、男女を問わず人気がある。メディアやイベントセミナーのほか、製品開発にも携わる。日本調香技術普及協会理事。日本フレグランス協会創立時より常任講師。日本化粧品協会1級対策テキストのフレグランス部門監修。
https://private-toilette.com/

取材・文・構成/はまだふくこ

 

その他の情報はこちら!

 

 

 

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます