休み明けの「だるさ」と「眠気」を改善する方法(2019.04.14)

正月病深呼吸炭酸入浴交感神経

新年度が始まって2週間。職場の環境にも慣れ、月曜日からフル稼働、と行きたいところだが、カラダが疲れ気味。週末はゆっくり休んだはずなのに、という人も多いのでは。

これでは10連休後の体調が不安。そういえば正月休みの後も疲れや眠気が抜けなかった……。

健康情報サイトのウェルラボでは、医師・医学博士で健康科学アドバイザーの福田 千晶先生の監修により、そんな休み明けの眠気やだるさを解消する具体策が紹介されている

朝の〝だるさ〟解消法

新しいネクタイや普段とは違う腕時計、チーフなどのアイテムを使うことで、気分もリフレッシュ。

また、朝起きたら窓を明けての深呼吸も効果的。身体がすっきりするだけでなく、大きく息を吸ったり吐いたりすることで腹筋にほどよい刺激が加わり、だるさ解消が期待できる。また、深呼吸にはリラックス効果もあるほか、硬くなった身体がほぐれるため腰痛や肩こりの解消にもつながる。

だるさを感じるときは、朝から湯温を40度に設定して炭酸入浴すると、身体がお目覚めモードに。炭酸入浴はさら湯に比べて身体がすばやく温まるので、忙しい朝にもおすすめだ。

昼間の〝眠気〟を解消する方法

昼間の眠気を解消するには、夜の睡眠の質を高めることが大切。次の3つのポイントをおさえて、良質な睡眠をとるよう心がけたい。

朝・昼・夕方の光を浴びる
前述のように起きてすぐに朝日を浴びると、交感神経のスイッチが入り、活動的に動けるようになる。昼から夕方にかけては窓ごしでもよいので、「昼の白い光」「夕方のオレンジ色の光」を目で見て、身体に時間を教えたい。1日のリズムを光によって体感すると、夕方から夜にかけて自然に副交感神経が優位になり、お休みモードに入りやすくなる。

首もとを温めてから眠る
首は、短時間で温度を感じやすいホットポイント。ここを温めると、副交感神経の働きが優位になり、身体が深いリラックス状態に。寝る前に30分程度、温熱シートを使って首を温めるとリラックスモードに切り替わる。また、血流もよくなり、温まった手足の先から放熱して体温が徐々に下がり、寝つきがよくなると言われている。

寝る1時間前の炭酸入浴
お休みモードに入りたいときは、38〜40度のぬるめのお湯がおすすめ。炭酸ガス入りの入浴剤を使うと血流がよくなるため、ぬるめのお湯でも身体が深部から温まる。温まってから1時間ほどで体温がゆるやかに下がってくると自然に眠気が訪れ、心地よく眠りにつけるという。

正月病深呼吸炭酸入浴交感神経

関連情報

https://www.well-lab.jp/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます