• TOP
  • モテ講座
  • 「働き方改革法」施行!独身男女の約8割が「仕事よりプライベートを優先」

「働き方改革法」施行!独身男女の約8割が「仕事よりプライベートを優先」(2019.05.07)

main

婚活事業を展開するIBJは、20歳~49歳の独身男女約700人に対して「働き方改革と恋愛」についての意識調査を実施。先日、その回答状況とデータ分析結果を公開した。

男女700人に聞く「働き方改革と恋愛」

sub3

まず、自身のワークライフバランスがについて聞いたところ、バランスが「とれている」と回答した人が約6割、「とれていない」と回答した人が約4割に。では、実際どれくらいの残業時間であればワークライフバランスがとれるのだろうか。

sub5

マイワークライフバランスがとれる残業時間について聞くと、女性は「~5時間 – 105人」「~10時間 – 98人」がボリュームゾーンなのに対し、男性は「~30時間 – 124人」「~15時間 – 87人」がボリュームゾーンと、女性よりも男性のほうが残業時間を多く見積もる人が多くなった。

ではなぜ残業を免れることができないのだろうか。

sub6

残業する理由として、「仕事が終わらない/人手が足りない」が581人と最も多い結果に。「早く成長したい – 110人」と前向きな意見に対し、「帰りにくい雰囲気 – 133人」と、帰ることへの後ろめたさを感じる人も一定数いることがわかる。

続いて、4月から施工された「働き方改革法」の影響について聞いた。

sub1

働き方改革の気運の高まりにより、自身の働き方に「変化あり」と回答した人が約3割、「変化なし」と回答した人が約7割となった。働き方改革により独自の施策を行なう企業も増える中、直接的に影響を感じられる人はまだ少数派のようだ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます