「カフェイン」と上手に付き合う方法(2019.05.04)

上手に使えば、ダイエット&能力アップも!カフェインについて知ろう

カフェイン認知能力基礎代謝ポリフェノール

コーヒーや緑茶、エナジードリンクなど、多くの食品に含まれているカフェイン。

仕事の効率アップやダイエットに役立つなど、カフェインにはさまざまな健康・美容効果が期待できます。

ここでは、その一部をおさらいするとともに、カフェインを摂取する際のポイント・注意点をご紹介しましょう。

認知能力を上げ、基礎代謝も上げる。スゴすぎるカフェインの力

個人差はあるものの、カフェインによって脳は興奮、覚醒します。

過去に大手食品会社の「ネスレ日本」が実施した、次のような実験があります。

カフェインの摂取前と摂取後で「認知機能テスト」の結果を比較したところ、カフェインを摂取した後の方が、注意力や集中力といった認知機能がアップしたそう。

この結果からわかる通り、カフェインは作業効率アップに役立つため、仕事や勉強に取り組む前に積極的に摂取するといいようです。

加えて、カフェインには基礎代謝を上げる働きがあります。

「ネスレ日本」が過去に発表したデータによると、コーヒーをカップにしておよそ3杯飲むと、基礎代謝が約12%上がり、脂肪が燃焼されやすくなるそうです。

つまり、スポーツをする前にカフェインを摂取すると、より高いシェイプアップ効果が期待できるということ。

カフェインが体内で働くまでには一定の時間がかかるため、運動を始める20〜30分前に摂取するのがポイントです。

また、よりダイエット効果を高めたい人には、ブラックコーヒーを飲むことをオススメします。

カフェイン認知能力基礎代謝ポリフェノール

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます