これぞスーパーフード!?コーヒーの健康効果を活かしたダイエット法(2019.05.12)

コーヒーの健康効果を活かしたダイエット法「コーヒー・ラヴァーズ・ダイエット」

ここ約10年の間に、コーヒーの健康効果を立証する研究結果が幾つも発表されてきた。コーヒーが健康に良いとされる理由は、主としてポリフェノール類が豊富に含まれていることに帰せられる。この成分は体内の炎症を抑えて、がんや糖尿病につながる病因を駆逐する作用がある。結果として、病気にかかりにくい体質になり、健康寿命の伸びが期待できるというわけ。

もう1つ、コーヒーの健康効果として注目されているのが、ダイエット&スポーツ飲料としての側面だ。これは最近の研究から判明したことで、「運動時に脂肪燃焼を促進する」、「代謝率を上げる」、「脂肪の吸収を減らす」、「活力が増す」、「筋肉量を維持する」など、パフォーマンスをアップし、余計な体重を減らすという。

こうした研究結果に基づき、「コーヒー・ラヴァーズ・ダイエット」を提唱するのが、医学の博士号を持つ医療ジャーナリストのボブ・アーノット氏だ。氏は著書の『人生を変えるコーヒーの飲み方』(扶桑社)で、まるまる1章を割いてこのダイエット法について論じている。

ボブ・アーノットコーヒーダイエットポリフェノール

読んでみると、一時期流行したバターコーヒーのダイエット法とは全く違うコンセプトで驚くが、効果はありそうだ。そこで今回は、その概要を紹介してみよう。

3段階からなるコーヒー&スムージーのダイエット

このダイエット法は、「スタートダッシュ」、「スピードアップ」、「リカバリー」の3つの段階からなる。

「スタートダッシュ」が一番厳しい制限が課せられ、「スピードアップ」、「リカバリー」の順に緩くなる。ただ、必ずしも「スタートダッシュから始めよ」というわけではなく、自身の今の健康状態・体型に応じてスキップし、別の段階からスタートしてもかまわないという。著者は「旅行のあとや、食べすぎが続いたあとなど、平常運転に戻って体を絞る必要がある」際に「スタートダッシュ」を実践すると語っている。また、期間も3日間~3週間と幅が大きく、要は自分の判断に応じて気軽にというわけだ。

そして、各段階に共通するのは、高品質のコーヒーとスムージーの摂取がキーポイントとなっている点だ。一番緩い「リカバリー」でも、両方を摂る機会が設けられている。ここで言う「高品質のコーヒー」とは、ケニアやエチオピアなど名産地で収穫され、低温焙煎したコーヒー豆で淹れたコーヒーを意味する。なお、砂糖もミルクも加えないブラックコーヒーが原則。カフェインに敏感な体質な人は、デカフェでもOKとのこと。

1段階:「スタートダッシュ」

この段階では、朝に作り置きしておいたスムージーを何回かに分けて飲む。そしてコーヒーも適宜飲む。固形食は原則ナシだが、間食は1回なら可という厳しい内容。しかも、運動もきっちり行うことも指示されているが、ウォーキング、サイクリング、ヨガといった軽度のメニューで大丈夫。

推奨されるスムージーのレシピも何種類か載っている。例えば「ペパーミントのモカ・ラテ」だと、以下の材料(2人分)で作る。

・無糖カシューナッツミルク::1カップ
・ドライデーツ(種を除く):2
・無糖ココアパウダー:大さじ1
・ペパーミント・エクストラクト:小さじ1/8
・水出し濃縮コーヒー:1カップ

他のレシピもそうだが、カシューナッツミルクやペパーミント・エクストラクトのように、日本のスーパーではおいそれと入手できないものが含まれているのが、ちょっとしたハードルになっている。通販サイトを活用する、似たもので代用するなど工夫しよう。また、これにチアシードをプラスすることがすすめられているが、これは豊富な栄養素が含まれ、腹持ちもよいから。水出し濃縮コーヒーについては、作り方が本書に掲載されているので、それを参照して作れる。

2段階:「スピードアップ」

この段階では、コーヒーとスムージーを積極的に摂りつつ、昼か夜に固形食を食べてもOKになる。ただし、それは「いい食品」で、具体的には「食物繊維が多く、満腹感・満足感が得られる」、「ビタミン、ミネラルなど微量栄養素が豊富なこと」などの条件を満たすものとなる。

また、運動の頻度、時間、走る距離を増やすことが求められている。

3段階:「リカバリー」

この段階になると、スムージーは朝だけ、昼と夜に固形食の食事を摂ることになる。コーヒーは、いつ飲んでもよい。そして「どんどん運動しましょう」ともアドバイスがある。「何をどのくらい食べればいいか悩む必要はありません」とあるが、もちろん野放図ではいけないだろう。

「リカバリー」は、既に理想的な体重を実現している人であっても、実践することで「生まれ変わったように元気になるでしょう」と、著者は述べている。健康状態を向上したいと望むなら、やってみる価値はありそうだ。

*  *  *

本書には、「コーヒー・ラヴァーズ・ダイエット」を始めて18日間で6kgの減量に成功した人、リバウンド体質から脱出できた人など、信頼のおける体験談もある。昨今はやりの数々のダイエット法の中ではとっつきやすいので、体重が気になっている方は取り組んでみてはどうだろう。

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます