令和時代の理想の眉は「しっかりナチュラル」(2019.05.24)

ウィメンズヘルスクリニック東京眉毛ケアナチュラル眉

頭髪治療や皮膚治療などで専門外来を展開するウィメンズヘルスクリニック東京は、昨今男性の美意識の向上に伴って浸透してきた眉毛ケアに関する意識調査を実施。その調査結果を公開した。

約半数の男性が眉毛ケアを行なっている

意識調査によると、現在眉毛ケア(※1)をしている男性は約半数(53.8%)、特に20代男性だけで見ると約7割(68.0%)にのぼった。

またケアする人の理由としては、「おしゃれ(ファッション)として」(16.7%)というより、「身だしなみとして」(76.9%)や「清潔感をアップするため」(41.7%)といった理由を挙げる人が多く、眉毛ケアは身なりを整え、清潔さを保つための最低限の行為という認識が多くを占めていた。
※1: 自分でのケアだけでなく美容院・床屋・専門サロン等、他人によるケアも含まれる

半数近くが眉にコンプレックスを抱え、“自信度”も平均48.7%

約半数の男性が眉毛ケアをし、ケア意識も高まりを見せる一方で、全体で半数近くの男性(44.8%)が自分の眉毛にコンプレックスを抱え、特に20代男性に絞ると6割近く(58.4%)がコンプレックスや悩みを抱えているという結果に。

さらに自分の眉毛にどのくらい自信をもっているかの“自信度”を選択してもらったところ、全体で7割弱(66.0%)の男性が、「50%」以下を選択、全体の“自信度”を平均すると48.7%となり、あまり自分の眉毛に自信を持っていない傾向にある結果となった。

ウィメンズヘルスクリニック東京眉毛ケアナチュラル眉

4割近くがケア方法がわからず、7割以上ケアでの失敗経験あり

眉毛ケアをする男性のうち、ケアをしている上での悩みで最も多かったのは「そもそも正しいケア方法がわかっていない(36.8%)」となった。

ケア意識は高まるものの、どうケアして良いかわからないという悩みを抱える男性は少なくないようだ。その次に多い悩みとして「面倒くさい」(33.8%)、「自分に似合う眉がわからない」(29.7%)が挙がった。

さらに、「これまで眉毛ケアで失敗をした経験はありますか?」という質問に対し、7割以上(72.9%)の男性が眉毛ケアでの失敗を経験していることが判明。

その内訳としては、「細くなりすぎてしまった」(32.3%)、「左右で仕上がりが違ってしまった」(28.3%)等が挙げられ、ケアの結果、眉が不自然になってしまった失敗経験を持つ男性が多いことがわかる。

ウィメンズヘルスクリニック東京眉毛ケアナチュラル眉

男性の理想は「アクティブな印象のしっかりとしたナチュラルな眉」

理想とする眉毛を選んでもらった結果、クールな印象の細い眉や、シャープな眉山の上がった眉よりも、しっかりとしたナチュラルな眉を約半数の男性が選択しており、「お手入れしている感」が出る眉よりも、自然な印象の眉のほうが好まれる傾向にあることがわかる。

ウィメンズヘルスクリニック東京眉毛ケアナチュラル眉

意識調査結果をまとめると、現在では男性の約半数がなんらかの眉毛ケアをおこなっており、ケア意識も高まる一方で、自分の眉毛にあまり自信が持てず、コンプレックスや悩みを抱えていたり、失敗経験を持つ男性が少なからずいるようだ。

 

関連情報
https://artmake-clinic.com/mens_mayu/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます