• TOP
  • ビジネスマナー
  • こんなハズじゃ…?!半数以上の新社会人が入社後にギャップを感じていた

こんなハズじゃ…?!半数以上の新社会人が入社後にギャップを感じていた(2019.06.07)

新社会人イメージギャップ残業

新社会人が4月に入社してから約2か月が経過。彼らは実際に何を感じどのような意識で社会人生活を送っているのだろうか。

そこでマクロミルでは、就職してみてわかった職場環境の実態や人間関係で感じたこと、また今後のキャリアに対する意識などに関する調査を実施した。

就職先へのイメージ、入社前と「ギャップがあった」51%

入社する前と入社した後で、就職先に対するイメージにギャップを感じた人はどのくらいいるのだろうか。

「大きなギャップがあった」「ややギャップがあった」という回答の合計で見ると、今年は51%で、2人に1人はギャップを感じていることがわかった。

なお、51%というスコアは、当設問の聴取を開始した2011年からの9年間で2017年と並んで最も高くなっている。

新社会人イメージギャップ残業

1番多かったギャップは「残業が多い」

ギャップを感じた人に具体的なギャップの内容を聞くと、1位は「残業が多い」35%。次いで、「給与が少ない」が22%、「希望する仕事ができない」20%と続く。

調査ではギャップ内容として19個のポジティブ・ネガティブ要素を提示したが、ネガティブな要素が上位に挙がっている。

また昨年4位だった「有給休暇が取得しづらい(21%)」は、今年は9位にランクを下げて9%、昨年からは11ポイントの減少となり、過去9年間で最も低い結果に。

2019年4月1日から施行された「働き方改革関連法」により、有給休暇の取得が進んでいることが背景にあるのかもしれない。

イメージギャップ1位の“残業が多い”と感じている人の割合を時系列で見ると、2014年の40%が最高で、その後は徐々に減少したが、2017を境に再び増加傾向に。今年は昨年よりも6ポイント増の35%で、2年連続で増加している。

新社会人イメージギャップ残業

新社会人イメージギャップ残業

管理職以上の役職の志望率は新社会人全体では55%

最後に、今年の新社会人のキャリア志向について確認すると、管理職以上の役職に就きたいと考えている新社会人は全体の55%であった。

男女別にみると、男性は73%で昨年よりも6ポイント減少、女性は37%で昨年より8ポイント減少しており、新社会人の管理職志望率は男女ともに昨年よりも下がったことがわかる。

新社会人イメージギャップ残業

第1希望に就職した人が過去12年間で2番目に多い今年だが、就職先へのイメージについて入社前とのギャップを感じている人も過去12年間で最も多い結果となっている。

また入社後のイメージギャップについては、“残業は多い”をはじめとしたネガティブな要素が挙げられた。“残業”については、働き方改革の中に上限規制なども含まれていることから、新社会人の評価の目も厳しくなっているのかもしれない。

調査概要
調査名:新社会人に関する定点調査(2019年版)
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:2019年4月に新社会人となった、全国22~25歳の会社員・公務員(マクロミルモニタ会員)
割付方法:男性100サンプル、女性100サンプル/合計200サンプル
調査期間:2019年5月5日(日)~ 2019年5月7日(火)

関連情報
https://honote.macromill.com/report/20190530/

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます