「光老化」の原因は紫外線だけじゃない!?(2019.06.09)

紫外線のほかにも、肌にダメージを与える光線が存在する?【美容のギモン】

さて、最近よく目にする「光老化」という文字。

もちろん、こちらのMen’s Beautyの記事でも、何度か解説しているのでその意味をご存知の方も多いはず。

その「光老化」とは、太陽の光などを浴び続けることによって、皮膚の表面はもちろん、さらに奥の真皮や皮下組織にダメージを与え、肌の老化を加速させること。

実は、シミ、シワ、たるみなどといった皮膚の老化というのは、80%がこの「光老化」によるものといわれ、加齢による自然の老化は20%程度なのだ。

さて、美容業界のみならず医療の世界でも注目されているこの「光老化」だが、その原因や影響といったものが徐々に解明されつつあり、もっとも悪影響を及ぼすといわれる紫外線のほかにも、肌にダメージを与える光線が存在するのがわかってきている。

光老化紫外線ブルーライト近赤外線

まずは「紫外線」についてのおさらい

紫外線には、波長の短いUV-Bと波長の長いUV-Aがあるのですが、UV-Bは肌を赤く炎症させるためシミなどの原因になるといわれていて、UV-Aは、表皮の奥まで入り込んでシワやたるみの原因になるといわれている。

ただ、このいずれの紫外線も市販されている日焼け止めで、かなり防御できるので、すでに使用している方も多いはず。

ちなみに、日焼け止めでよく見かける、「SPF」や「PA」という表示は、紫外線防止効果を示す指標。

その「SPF」とは、肌に赤みや炎症を起こし、日焼けにつながるUV-Bを防ぐ効果を表す目安の数値で、現在は、1~50+までの数値があり、何も塗らない場合に比べてUV-Bによる炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表している。

(例:20分で日焼けしてしまう人の場合、SPF30は、その30倍まで日焼けしてしまう時間を延長。つまり、20×30倍で600=10時間まで防止)

また「PA」とは、UV-Aを防ぐ効果を表す目安。4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UV-Aに対する防御効果が高いことを表している。

日焼け止めを選ぶときは、炎天下で長時間、外で過ごすような時には、この「SPF」も「PA」もどちらの数値も高い方を選んだ方が効果的。

ただし、ちょっと買い物に出かけるくらいでは、オーバースペックになってしまうので、目的やシーンに合わせて選ぶようにしたい。

なにより日焼け止めは、汗などで流れ落ちてしまうことが多いので、充分な量を使って、こまめに塗り直すことが大切。

あと紫外線対策としては、帽子やサングラスなんかも効果的。

ただ、サングラスについては、注意が必要で、UVカットのレンズでなるべく大きいものを選んだ方がいいのだが、あまり濃くて暗いレンズは逆効果になってしまう。

というのも、サングラスは、目から紫外線が入り込むのを防ぐ役割をするが、レンズが暗いと瞳孔が開いてしまい、逆に紫外線が入り込みやすくなってしまう。

紫外線というのは、反射しながら細かいところまで届くので、あまり瞳孔が開いてしまわないような薄い色のレンズがいいとされている。

「ブルーライト」が肌にも影響を及ぼす!?

スマホやパソコンなどからも発せられている、いま話題のブルーライト。

このブルーライトは「第3の紫外線」とも呼ばれていて、なんと!波長はUV-Aよりも長く届くため、皮膚の奥の真皮にまでダメージを与えるといわれている。

ただし、ブルーライトの場合、光源が近いほど影響を及ぼすという性質があり、さらに、目からの侵入が特に深刻な問題となる。

実は、ブルーライトは、目の網膜や網膜の黄斑部にダメージを与えることがわかっていて、それによって脳が刺激され体内時計が狂ってしまい、肌の老化を促進させてしまうという一面もあるのだ。

最近では、スマホやパソコン用にブルーライトカットのメガネやフィルムなども販売されているが、目だけでなく皮膚からの侵入を防ぐという意味では、フィルムのほうがおススメ。

ただし、ブルーライトは、LED照明などからも発せられているため、メガネの便利さも捨てがたい。

なお、ブルーライトは、太陽光に含まれている可視光線の一種なので、紫外線と同様に外出する時は、何らかの対策が必要。

すでに販売されている日焼け止めには、このブルーライトに有効とされる成分を配合した商品もあるので、パッケージを確認してみるといいだろう。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます