• TOP
  • モテ講座
  • クサい「放置靴下」を発見した瞬間、パートナーへの愛は半減!?

クサい「放置靴下」を発見した瞬間、パートナーへの愛は半減!?(2019.06.24)

main

(イラスト:佐藤由紀奈)

「ファブリーズ共同開発靴下」を発売するナイガイは、30~40代の既婚女性500名を対象に、パートナーが家の中で脱いで放置した靴下に関する意識・実態調査を行った。

63%が1年以内に遭遇! 平均遭遇回数は年間「52.2回」にも

はじめに、パートナーと同居している30~40代の既婚女性3,753名に対して1年以内に「放置靴下」を発見した経験をきくと、63%が「経験あり」と回答があり、6割超もの家庭で見つかっていることがわかった。

そこで、1年以内に「放置靴下」を発見した人500名に対し、さらにその実態を調べた。まず、1年間の発見回数をきくと、年間平均52.2回という結果に。

女性の平均初婚年齢「29.4歳」(1)から、平均寿命の「87.26歳」(2)まで、仮に55年間結婚生活が続いたとすると、結婚生活には「2,871足分」もの「放置靴下」が存在するという計算になる(各回1足発見した場合)。

*1出典:「平成30年 我が国の人口動態」(厚生労働省)より。
*2出典:「平成29年 簡易生命表」(厚生労働省)より

また、その発見場所としては1位が「ソファ・椅子」(52%)、2位が「ふとんやベッド」(36%)、3位が「テレビやPCの前」(32%)となった。

sub1

共用スペースに堂々と放置されていたり、見つかりづらいふとんの中にあったりと、「放置靴下」は実に様々な場所に潜んでいるようだ。特に、そのニオイに関しては、53%が「気になった経験がある」と回答。

sub2

半数超の女性にとって、「ニオイ」が悩みの種となっていることがわかった。

続いて、拾い上げた時のエピソードをきくと「起きて朝一番に見つけると、本当に腹が立つ。臭そうなのでなるべく手に触れないようにしている」(38歳)、「汚い靴下を汚い脱ぎ方で放置しているので触りたくない。脱衣所まで蹴飛ばしながら移動」(43歳)などの声がきかれ、臭い「放置靴下」を放置したパートナーへの怒りも垣間見える。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます