• TOP
  • ヘルスケア
  • 手足が冷えやすい人はストレスを感じやすいってホント?

手足が冷えやすい人はストレスを感じやすいってホント?(2019.06.25)

0ee3b0d09f79dabb418bdaa0248b2544_s

6月7日に関東甲信地方が梅雨入りしてまもなく3週間。気象庁では梅雨明けを7月21日前後と予測しており、現在はほぼ梅雨の折り返し地点と言えるだろう。

また、この時期は気温や湿度、気圧の変化は大きく、体調を崩しがち。オフィスでも〝空調の効きすぎ〟による手足の冷えを感じる人も多いのでは。

実は、そんな身体の冷えと心の状態、ストレスは密接に関連しているという。

健康情報サイトのウェルラボでは、統合医療医で東京有明医療大学 教授の川嶋朗先生監修により、この件に関するリポートを掲載している。さっそく概要を紹介していこう。

冷えとストレスはどう関係している?

冷えを感じると、身体は放熱を防ぐために交感神経を優位にして、手足などの抹消の血管を収縮させる。身体のなかでも特に手足が冷たくなりやすいのはこのため。交感神経が優位になると、身体はリラックスできず、緊張した状態が続いてしまうのだ。

また、ストレスを感じたときも交感神経が優位になり、末梢の血管がギュッと収縮する。こうなると、熱を運んでくるはずの血液のめぐりが悪くなり、手足の冷えにつながる。

つまり、冷えを感じたときもストレスを感じたときも、ともに交感神経が働いて、血流が低下し、手足が冷たくなってしまうのだ。

〝冷え×ストレス〟スパイラルが加速する理由

日光を浴びる時間が短い
太陽光を浴びるが短いと、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌量が少なくなる。このため、ストレスを感じやすくなったり、やる気が起きなかったりするのだ。

冷えが続く
身体が冷えると抹消の血管が収縮し、血流は悪化。冷えが続くと、この状態からなかなか抜け出せない。また、冷えを感じると、セロトニンや、やる気ホルモン「ドーパミン」の合成も遅くなってしまう。

寒暖差が激しい
屋外と空調の効いた屋内を行き来することで、身体は激しい温度差にさらされる。身体は激しい温度差への対応に疲れ、自律神経の働きも乱れて冷えが深刻化。ストレスも感じやすくなっていく。

ストレス状態の脱出には温活が有効

冷えを解消し、心と身体をストレス状態から解放するために有効なのが温活。身体を温めると、自律神経のスイッチが切り替わり、副交感神経が優位になって、心も身体もほっとリラックスできるからだ

また、身体が温まると、セロトニンやドーパミンの合成が進むのはもちろん、幸せホルモンの一種「エンドルフィン」の分泌が増えると言われている。エンドルフィンには痛みを取り除く作用もあるので、肩こりや腰痛といった悩みを持つ人には、特にうれしいホルモンとなる。

そこで冷房冷え、内臓冷え対策には、38度のぬるめの炭酸入浴が効果的。炭酸ガス入浴剤を使うと、ぬるめのお湯でも血流が促進され、全身の血液循環が高まるので、夏でも身体がほてることなく、深部を温めることができる。清涼感のあるクールタイプのものを選ぶと、入浴後さっぱりと過ごせるはずだ。

身体の冷えストレス交感神経

関連情報

https://www.well-lab.jp/

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます