• TOP
  • ファッション
  • コーディネートは貴男しだい!第一印象がアップするシャツ&ネクタイ10選

コーディネートは貴男しだい!第一印象がアップするシャツ&ネクタイ10選(2015.10.02)

ビジネスマンがおしゃれを演出したり、個性を出すのにVゾーンほど楽しい場所はない。色、柄、形の組み合わせは無限。コーディネートのワザを身につけて楽しもう!

覚えておきたい基礎用語

 MB52-000

ボタン
一般的にはプラスチックが使われるが高級なシャツには貝ボタンが使用される場合も。アイロンなどの熱に強いとされ、留めやすい。

カフス
袖の切り返し部分をカフスと呼ぶ。ボタンで留めるシングル、ボタンの代わりであるカフリンクスで留めるダブルがポピュラーだ。

力布
「ちからぬの」と読み英語ではガゼットという。左右の裾脇の縫い目を補強してほつれを防ぎ、布の傷みを保護するために付けられる当て布。


与える印象を変えるシャツの顔が襟。スタンダードなレギュラーをベースに襟が徐々に開いていき、カッタウェイでは180度以上開く。

袖まわり
動きやすさならゆったりとした仕立てがよいが、細身のスーツに合わせたアームホール(腕の付け根まわり)も細身タイプがトレンド。

シルエット
本来は下着なので、体にフィットする必要はさほどないのだが、ジャケットを脱ぐことを想定したタイトめのシルエットが人気。

布地
最もポピュラーな天然素材は綿。麻も夏場に合う人気の天然素材。ポリエステルはシワや型崩れに強く形状記憶シャツなどに使われる。


ブラックのスーツには白、ネイビーには白か青、グレーには白が定番だが、カラーシャツも好相性。淡いピンクや青を合わせてみたい。


最も正装なのは無地。チェックはタータンやギンガム、千鳥などがある。ストライプはタテ縞が主流。ペイズリーや小紋などもある。

価格を超えるこだわりが満載!

ビーミング ライフストア シャツ
7400円

袖のカフス部分はあえて、1つボタンを採用。中庸なデザインに陥らないのは豊富な服飾知識を持つビーミング ライフストアならでは。レギュラーでなくワイドカラーを選んでいるのは、スーツを着た時の収まりがよいから。ポケットを排除してドレス感を増し、シャツ本来の美しさを引き出す。

ネクタイの結び方基本3パターン

プレーンノット
MB52-012

ダブルノット

MB52-013

セミウィンザーノット

MB52-014

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます