• TOP
  • ヘルスケア
  • 肉をヘルシーに味わうための種類&部位別〝低カロリーランキング〟

肉をヘルシーに味わうための種類&部位別〝低カロリーランキング〟(2019.07.08)

肉脂肪必須アミノ酸タンパク質

サニーヘルスは同社が展開するダイエット情報発信サイト、microdiet.netにおいて、健康的な肉の部位の選び方に関するリポートを公開している。

肉は脂肪が多く太りやすいというイメージは根強く持たれており、ダイエット中はあまり積極的に食べるべきでないと考える人もいるのでは。しかし肉のタンパク質には、人間が体内で作ることのできない「必須アミノ酸」がバランス良く存在しており、体に必要な栄養素が他にもたくさん含まれている。

肉の基本成分は動物性タンパク質と動物性脂肪。タンパク質やその他の栄養素を摂りながら脂肪をできるだけ抑えることが、ダイエットにも健康においても重要になる。

脂肪を過剰に摂取することなく肉を食べるには、どの部位を選ぶべきかを知っておく必要があるということだ。

肉の種類別 部位の選び方

牛肉
焼肉やステーキならやっぱり牛肉。牛肉はどの部位もタンパク質の他に、美容ビタミンと言われるビタミンB2、吸収されやすいヘム鉄、余分な脂肪を分解してエネルギーに換えるL-カルニチンなど、栄養素が豊富だ。部位はヒレ・もも・肩が、脂肪が少なく鉄分が多く含まれているので、ダイエットに適している。脂肪が多いのはサーロイン、カルビ、ロース、バラなので、これらの部位はなるべく避けたい。

肉脂肪必須アミノ酸タンパク質

<低カロリーな部位ランキング> 可食部100gあたりのエネルギー(kcal)
1位 ヒレ         223kcal
2位 もも(脂身付き)   259kcal
3位 肩(脂身付き )   286kcal
4位 肩ロース(脂身付き) 411kcal
5位 サーロイン(脂身付き)498kcal
6位 バラ(脂身付き)   517kcal
7位 リブロース(脂身付き)573kcal

豚肉
豚肉は脂っこくて太りそうなイメージもあるが、ヒレ、ももなど赤身を選べば安心。豚肉は糖質の代謝を助けるビタミンB1が豊富で、牛肉や鶏肉の5~10倍程度にも上る。特にヒレやももに多く含まれており、疲労回復にも役立つので、夏バテのシーズンには最適だ。ニラ、しょうが、にんにくなどに含まれる「アリシン」はビタミンB1の吸収を高めてくれるので、一緒に摂取したい。

肉脂肪必須アミノ酸タンパク質

<低カロリーな部位ランキング> 可食部100gあたりのエネルギー(kcal)
1位 ヒレ        130kcal
2位 もも(脂身付き)  183kcal
3位 肩(脂身付き)   216kcal
4位 肩ロース(脂身付き)253kcal
5位 ロース(脂身付き) 263kcal
6位 バラ(脂身付き)  434kcal

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます