• TOP
  • ニオイケア
  • 衣類に染み込んだ汗のニオイには柔軟剤が効果的。防臭効果も期待?!

衣類に染み込んだ汗のニオイには柔軟剤が効果的。防臭効果も期待?!(2019.07.20)

kusaiyoIMGL7716_TP_V

1日の仕事を終えて帰宅。汗まみれのシャツを脱いだ途端、鼻をつくあのニオイ…。洗濯やクリーニングでキレイにしても、夏は日に何度も汗をかくだけに、汗臭くなるのはあきらめるしかないのか。

そんな声に対して、ライオンでは、濯の時に「柔軟剤」を使うことを薦めている衣類にしみ込んだ汗や皮脂、ニオイを消すだけではなく、着ている間につく汗のニオイまでおさえることができるというのだ。

早速概要を紹介していこう。

まず同社では汗のニオイをケアする洗濯・衣類ケアとして3つの方法を上げている。

消臭効果のある洗剤や漂白剤を使って洗濯する

気温も湿度も高い夏は、汗や皮脂で汚れた衣類にいつも以上に菌が増殖し、ニオイが発生しやすい状態になっている。汚れやニオイは、時間が経つと落ちにくくニオイが残ってしまう場合があるので、洗濯物をためこまず、できるだけこまめに洗濯しておきたい。

洗濯の時に、消臭効果のある洗剤や漂白剤を使うと、汗のニオイをすっきり落とせる。

ガンコなニオイが衣類にしみ付いて取れにくくなってしまったら、濃いめの洗剤液と液体酸素系漂白剤で「つけおき洗い」がおすすめだ。

消臭・防臭効果のある「柔軟剤」を使う

柔軟剤というと、衣類の肌ざわりを良くするイメージがあるかもしれないが、衣類につく汗のニオイや体臭などのニオイを消臭・防臭する効果を持つタイプも市販されている。

柔軟剤は「柔軟剤自動投入口」にセット。洗剤と混ざり合うと、互いの効果を打ち消し合ってしまうため注意が必要だ。

洗濯できない衣類には「布製品用除菌・消臭スプレー」を使用する

ジャケットやスラックスなど、家庭で洗濯できない衣類には、「布製品用除菌・消臭スプレー」が有効。帰ってきた時や、着る前に衣類にスプレーすることで、消臭効果が期待できる。

汗のニオイ、実は男性だって気にしていた!

ライオンでは、20~50代の既婚男性200名に「夏の汗のニオイ」についてアンケートを実施。すると、実は男性も自分の汗のニオイをかなり気にしていることが判明した。

世代別では20代の若い世代では約9割、30~40代では約8割、50代でも約7割が、自分の汗のニオイを気にしていた。

中には、「飲み会で女子に嫌な顔をされた」「他人が臭いと思ったら自分だった」「妻や子どもに汗臭いと言われ、かなりへこんだ」などのエピソードも。

自分では汗臭いと思っていなくても、同僚や家族からズバリ指摘されるとショックは大きいようだ。

では、汗のニオイ対策として、男性は日々どんなケアをしているのか?

アンケートによると、汗ふきタオル、制汗剤、汗ふきシートを活用する人が多数いることがわかった。その一方でニオイが気になるものの、特に何もしていない人も23%いた。

また、からだの汗はこまめにふいているものの、汗のニオイがしみ込んだ衣類の消臭については、気にしている人は少数派だった。

060_c_m

関連情報

https://lidea.today/articles/

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます